A HAPPY NEWYEAR! 

新年 明けまして おめでとうございます。

今日から仕事始めです。今年も仕事がんばろう!
大晦日から正月の三が日までは、毎年の事ながらアルコール漬けでした。爆!
まだ、酔いが残っているような気分です。(☆_☆)

皆様、今年もブログでのお付き合い 宜しくお願いします!!


年末

正月、我が家でのお昼ごろの一コマです。
娘が書き忘れた分の遅い年賀状を書いています。笑!
私はお酒を飲みながら、書いているのを傍でアドバイスしながら覗き込んでいました!
この時私は、もうだいぶ酔っ払っていました。正月ですから。爆!
手前にあるのは私が日本酒を飲むときに、いつも愛用している湯のみ!です。
昭和初期の九谷焼です。
私が骨董に興味がある頃、もう二十数年ぐらい前ですが骨董を扱っている知人から貰い受けました。
繊細な手書きです。でも私の取り扱いの不注意で縁を欠いてしまいました。笑!

タグ : 未分類



[ 2008/01/04 10:07 ] 随 想 | TB(0) | CM(10)

短い期間、何をしてあげられるんだろう 

職場は現在、冬期講座の最終段階。
受験生は特に目の色を変えて、合格を勝ち取るため必死の勉強!
そういう姿は非受験者の生徒にも、緊張と真剣さの良い影響を与えてくれます。
受験でも中学生の高校受験と違い、高校生の大学受験の方が教える側としては精神的な面では楽です。
近づいているセンター受験、二次試験にしっかり目標が定まっています。
どうしても志望大学に入りたいがために、他のライバルに負けられない気持ちでいっぱいです。
後は運と最後の詰めの学力養成のみです。

ところが高校受験となると大学受験と違い、ほぼ全員が私立・公立高校を受験します。
一部の生徒の中には勉強が嫌いな子どもも当然います。
嫌いな理由は色々あります。でも受験は競争です。
私の仕事での実績を残すには、志望校に合格してくれないと私も困ります!
でも競争は誰かが落ちこぼれることになっていますから、こちらが力を尽くして、そうなったら仕方ないです。そして勉強が全て、ではないしね。

親が、高校ぐらい卒業していないと社会からはじき出される、という理由で仕方なく受験に向かう生徒もいます。受験に向かうといっても、そういう生徒は勉強に対して能動的ではありません。させられている、と思っています。
それだけなら、まだ良いのですが、反抗期と重なって、勉強をさせられているという抑圧されていることも理由の一つですが、親に対し、自分自身に対して、また周りに対して反発してしまう生徒もいます。
こちらは塾ですから学校と違い、極端にあからさまな、そういう生徒はいません。

でもちょっとした、そういう生徒が入ってきた場合、その思いを軌道修正させる、というか自発的に気づかせて直させるには、こちら側としては大変な精神的な面で労力が要ります。長い時間が必要です。
でも何とかしてあげたい気持ちでいっぱいです。
ケースバイケースでもありますが、残念ですが必ずしも成功しないです。
そういう時は私の力量不足により自分の不甲斐なさに落ち込むこともあります。

勉強嫌いは仕方ありませんが、品行が悪い背景には、これまで育ってきた家庭環境に大きく起因しています。
もちろん、友人や学校での影響もあります。
(私は友人の影響で不漁不良の経験もありますがっ!)

概略、そういう子どもたちは家庭で自分の考えとか行動が自由ではないようです。
素直さが表面に出し切れない。心の想いを正直に吐けない。わがまま(私もわがままな人間です!汗)。
親御さんと話していると、そういうお子さん、言葉が悪いですが親に問題あり!
が、すっごく多いです。
子どもを押さえ込んでいます。子どもがかわいそう。
でも親は自分が押さえていることには気づいてあります。
気づいてありますが、何にこだわっているのかがわかりません。
親の立場としての意地?みたいなのが見え隠れしています。
子どもの気持ちを押さえることを止めてくれません。
おこがましいですが、こりゃ、親から教育が必要!だと思うことがあります。
しかしそれに災いされてしまう子ども自身にも責任が無いとはいえません。
あくまでも、どういう環境であれ、すべては魂修行である、という観点で捉えると・・・ですが。

しかしながら親とか、その環境がどうであれ、それに染まらない子どももいます。
そういう子どもは、エライなぁって、こっちの方が敬服してしまうこともあります。


・・・素行が少しばかり悪い生徒は、ここ十数年この仕事をやってきて何人も見てきています。
昨年の暮れ、クリスマスの次の日でした。高校受験のため駆け込みで親から連れられて、私の塾に通い出したRちゃんという女の子の生徒がいます。
受験の三月初旬までの、こちらが面倒を見させて頂く日数は、あと僅かです。
この子も、ご多分にもれず、そういう生徒でした。勉強嫌いで素行がちょっとよくない。
顔は、しっかりファンデーションとか目の縁を黒くするやつを塗ってお化粧をしています。
化粧するのは女の子だから、別に悪いことではありませんが。

ところが、Rちゃん。なんと去年の暮れの授業の休み時間中にタバコを吸いに外に出ていました。堂々と。汗!
15分間の休み時間ですが、携帯片手に、タバコのタメ吸いで2本~3本ぐらい吸っているのを私は目撃しました。その時、私の頭はガーン!!

それが発覚する一日ぐらい前に、アシスタント講師が私にこっそりと、Rちゃん、タバコの臭いがしています。と聞いていましたが、まさか、そんなことは無いだろう!と私は、アシスタント講師には対応していました。

男の子のタバコは、これまで何度も見つけて注意しています。便所の中で堂々!と吸っている生徒もいました。
そういう場合、見つけ次第、何も言わず無言で、鬼のような形相で生徒の頭をげんこつで、思いっきりガツンとやれば以降、吸わなくなります。
親御さんにその事を報告すると、最近は堂々と吸わなくなった(でも見つからないよう隠れて吸っているかも)と聞きます。
他の生徒にもそれを試したら、私の下手な説教より、おおよそ効果てき面でした。

しかし女の子がタバコとは・・・十数年来、初めてです!というか、こちらがただ、気づかなかっただけかもしれませんが。
たまにコンビニの前でも中学生の女の子らしき人がタバコを吸っているのを見たこともあるけど、まさか自分の塾生の子どもがっ!という気持ちです。

話を戻して、
目撃した一瞬、男の子ではないので、殴るわけにもいかないしぃー と考え、一応、言葉で強く注意しました。
でもタバコに対し、侘びる心もなく、手応えなし。
授業中ではアシスタント講師に少しばかり、反抗もしています。

Rちゃんのことを知っている同じ塾生に、学校生活がどうなのかを聞いてみました。
すると、素行が特に悪すぎて、学校の先生は見放しているとか。汗

受験日までの残りの短い期間、まだ性格をよくつかんでいないこのRちゃんと、タバコにしても素行にしても、どこまで向き合えるのか。
Rちゃんのために、Rちゃんの気持ちを少しでも切り替えさせる、きっかけ作りが私に出来るのか?それを考えると難儀しています。大汗
こういう時は何も考えず失敗覚悟で、こちらの想いをぶつけて当たってくだけろ!です。

すみません。記事が愚痴っぽくなっちゃいました。


タグ : 未分類



[ 2008/01/05 13:35 ] 随 想 | TB(0) | CM(12)

幻想的情景 

200801060753001.jpg

こちらの地方での今朝は、とても深い霧でした。
朝八時ごろ、車で職場へ向かう途中に幻想的な風景に遭遇!しました。
いつも通って見慣れている田んぼの風景です。
こうも霧が深くかかると、景色がずいぶんと変わるものなんだなぁー!
田んぼの上に低く浮かんでいる、陽に照らされたオレンジ色っぽい霧がすごく綺麗!
と寒さに震えながら車から下りて、しばらくは見とれていました。
そうだ写真、写真撮影!と思い、本格的なカメラは持っていないので携帯から写してみました。

やっぱり、ぷりんちゃんが使ってある一眼レフと違い、見た目の感動した表情が携帯では上手く撮れていません。
写真よりも、もっと、もっと深く手前まで霧に包まれていたよ~!!ちょっと、がっかり。
↑↑腕が悪いのに携帯のせいにしています。爆!

そんな感動の思いで見た景色は、見た目そのままを残しておきたいものです。そう思いました。
私も本格的なカメラを買って、写真撮影を楽しんでみようかなぁ・・・。
でも、すぐに飽きるかも知れないので、買わないほうがいいかも。(≧m≦)ぷっ


タグ : myPhoto/Movie



[ 2008/01/06 11:54 ] 随 想 | TB(0) | CM(10)

鬼を追い出す夜! 

昨日の夜、私が住んでいる町で「日本の三大火祭り」の一つ、とされている
「鬼夜」(おによ)という神事がありました。
毎年、正月四日の日に準備され、クライマックスは七日の夜です。
場所は福岡県久留米市に所在する玉垂(たまたれ)神社です。
自宅から歩いてすぐ傍にあります。

たまたま昨日は仕事が、はんどん!だったので、見に行くことができました。

200801072138000 のコピー

火花を散らしてガンガン火を噴出して夜空を焦がす大松明は全部で6本あります。
一本につき、それぞれ数十人の白いふんどし姿の男衆が一斉に担いで、神社の境内をゆっくり練り歩きます。
大松明の先頭を抱える人たちは、もろに火の粉をあびています!
松明の上に乗って、橋渡りみたいにしている人も、熱くて大変そう!

200801072125000 のコピー

見ている私は、目の前の男衆の熱気と、間近で見る大松明の火の粉の熱さ。
それに、お酒で酔った体の熱さ!で
冬の夜空の寒さがぶっ飛びました。

200801072155000 のコピー

携帯のカメラですが、それなりに!写っているかも。笑!


タグ : myPhoto/Movie



[ 2008/01/08 15:08 ] 随 想 | TB(0) | CM(8)

今年初めての内気功 16 

昨日は新年最初の内気功の練習日でした。
先週は正月休み。年内最後の練習日の先々週は冬期講座期間中のため終日、身動きできなくて行けませんでした。。。
三週間ぶりです。セルフトレーニングをする時間を持てなかったので、膝の筋肉が少しばかり衰えているのを実感。笑!
久々に身体がリフレッシュ!出来ました。
それにしばらく練習していなかったので身体の動きと丹田呼吸が、もうメチャクチャ。汗!
これから春休みまでは、仕事のリズムも一定なのでセルフトレーニングの再開です。

練習は火曜日。午前中、毎回約一時間の指導を受けます。
月4回で授業料が月に、たったの三千円です。
この金額。内気功指導の金先生にとっては安いそうで、それではやっていけないそうです。
普通は、その何倍も授業料がかかるそうです。
ところが安い理由は、教室がある階下の下津浦内科病院の医院長先生が、その分、お金の負担をしてあるそうです。
内気功(活命法)により身体を動かし「気」の回りを良くして、心と身体を活性化させることにより、健康維持して頂くことが院長先生の願いのようです。
また、精神、身体に病気になった場合、普通の病院では西洋医学の力のみで治します。
こちらの病院はそれだけではなく、自然治癒に近づけるために外気功も取り入れられてあります。外気功の先生は既述している通り、元トップアスリートの宗 茂氏です。
その外気功の治療費もタダです。(ただし条件としては病院の患者さんであること、です)
こちらも患者さんにかかる外気功の治療費は、院長先生負担のようです。
そういう、お金の話を聞くと医院長先生の慈悲を感じざるを得ませんでした。

また医院長先生は月に一度くらい、無料で講習会をされています。
身の周りの生活環境の衣食住では、何が身体に良くて、何が悪いのか。
O-ring の診査により生活改善を指導されてあります。
私も何度か話を伺っていますが常識的に、これは良い!と皆が思えるのが逆に悪い!
そして普段、何気なく使っているもの、身に着けているものが危ない。発癌の可能性あり!
というものもあります。
今度参加したときには、講習内容を報告させて頂きます!


ところで来週の内気功の練習はお休みです。
金先生が韓国に一旦、戻られるそうです。
戻られる理由ですが・・・

韓国は日本と比べると、時代が何年も遅れているそうです。
・・・・・・子どもに「小児癌」をもつ親の苦痛は大変なものだそうです。
当然、これはどこの国の親でも、当の子どもも同じです。
日本には幸い、そういった子ども達と親を温かく支援している団体があると聞きました。
私は詳しくは知らなかったので、後でwebで少しばかり調べたら、そのような団体がありました。
ところが韓国は日本とは状況が違うようです。
金先生から聞いた現在の韓国での状況は、病状の重度・軽度関係なく小児癌の子どもと、その子を持つ親は社会の片隅でひっそりと暮らさざるを得ない。
極端に言えば、忌み嫌われてしまう存在です。
また、身内など小児癌になってしまったら絶対に結婚は出来ない。相手の親が許さない。
生まれてくる子どもに遺伝するのを恐れてのことです。
もしそれを隠したうえで結婚し、小児癌だったことがバレたら例外なく!離婚だそうです。
韓国のそういう状況を踏まえて今度新しく、金先生と久留米大学医学部で初めてチームを作られました。
それは韓国の現状打開を協力するために日本の小児癌に対する取り組みをモデルとして、韓国に広く普及させる目的です。
成功されることを祈りながら話を聞かせて頂きました。




[ 2008/01/09 13:52 ] 気 功 | TB(3) | CM(10)

院長先生は養成したかった(BlogPet) 

きょうは、院長先生は養成したかった。

*このエントリは、ブログペットの「ゆきうさぎ」が書きました。

タグ : MyBlogPetEntries



[ 2008/01/10 07:10 ] others | TB(0) | CM(6)

今も変わりないGLA関西本部 

先日の12日から14日まで私が所属しているGLA関西本部へ新年の挨拶も含め、新年集会に参加するため、七ヶ月ぶりに行って来ました。
恒例の集会では五つの部所の責任者の方が今年度の方針、抱負を述べられました。
そして集会の休憩時間をはさんだ後、岸田先生により過去世があることを証明する霊道現象も行われました。

ところで、こちらのブログではメールにてGLA関西本部について、当時の昔のことをご存知の大阪からは遠方の方が、「今も昔と同じ建物ですか?」と尋ねられる方もいらっしゃいました。
現在の建物の写真を持っていなかったので、本部に行ったついでに撮って来ました。
建物も含め、神理正法を求める姿は、当時とは変わっていないようです。
昔のことをご存知の方は、ぜひ一度、関西本部、そして岸田本部長を訪ねられてください。

写真4 のコピー
↑↑三十数年前の当時の外観。

写真2 のコピー
↑↑本部四階講堂での高橋信次先生。(二枚の写真は高橋信次講演集より抜粋)


↓↓本部にて先日、撮ってきた写真。
200801130819000.jpg

200801130820000.jpg

当時のことをご存知の方は、お分かりかと思います。
外観は当時、高橋信次先生が毎月講演に来られていた三十数年前と比べて
全然変わっていません。
広い敷地にどっしりとした構えの建物です。

200801131019000.jpg

精妙な霊域の四階、本部講堂です。
奥の壇上で高橋信次先生が講演されていた頃とは、こちらもそんなに変わっていないようです。

200801131021000.jpg

正面の右手に掲げてある、信次先生の御遺影。





地図2

GLA関西本部へのアクセス (こちらをクリックしたら Google マップを表示します)



タグ : 岸田守本部長



[ 2008/01/15 21:44 ] 随 想 | TB(0) | CM(7)

小さな春 

やっと先日、大学センター入試が終わりました。
次は二次試験に向けて大学受験生は踏ん張りどころです。

ところで今日は大寒。暦の上では一年の中で最も寒い日とされています。
こちらはぷりんちゃん地方とは、直線距離でおよそ30kmなのでそんなに遠くないのですが、高いところでは標高1000メートル位の背振山が北側に連なっていて地域を分け隔てています。
ですから、港町十三番地!からの冷たい海風(爆!)が届くことはありませんが、今朝がこの冬一番の体感的に寒い朝でした。

福岡の名所太宰府天満宮の「飛び梅」は今月12日に開花したようです。
14日の毎日新聞には、「12日に2輪、13日は4輪開花、これから日々、倍々で開花する」
と書かれていたようです。

実家の梅の花も、飛び梅に負けじと開花!しています。
今年は暖冬のせいか、少しばかり早いようです。
写真は、今朝写してきた実家の庭に植わっている梅の古木です。
少なくとも樹齢100年は超えています。
木が古いため幹が一部、腐って空洞となっていました。
強風等で折れないように、木がねずみ色の部分は業者の方がセメントで補強してあります。

P1000009.jpg

細々とした端末の枝に、蕾がぼちぼちと膨らんでいました。

P1000008.jpg

こちらは小さなかわいい花が二輪、向こうと手前を向いて仲良く咲いています。
もう一つの蕾も、すぐに開花しそうです。


P1000007.jpg

この木は毎年、梅の実を沢山つけてくれます!
この小さな花。今年も我が家の梅干になってくれます!(≧m≦)ぷっ

タグ : myPhoto/Movie



[ 2008/01/21 11:22 ] 随 想 | TB(0) | CM(22)

分野(BlogPet) 

きのうゆきの、分野も共有した。

*このエントリは、ブログペットの「ゆきうさぎ」が書きました。

タグ : MyBlogPetEntries



[ 2008/01/25 07:25 ] others | TB(0) | CM(8)

裸姿のウチの嫁。(≧m≦)ぷっ  

先日の土曜日、娘と二人で近くの実家へ野菜の収穫に行きました。
母親が作っている家庭内菜園なのですが、母親がケガをして当分の間、入院しているので畑と庭が荒れ放題。笑!


まずは、しばらくの時間、ワンちゃんと遊ぶ娘。

P1000022.jpg




他には赤カブやねぎ、ほうれん草。またニンジンを収穫。

P1000017.jpg



大根を引き抜くのに、だいぶ苦労していました。笑

P1000015.jpg


大根は全部で10本ぐらい、大きくなったものを引き抜いて持ち帰りましたが
どれもこれも、スマートではなく、いびつな形のもの!ばかりでした。


自宅に持ち帰り、キッチンで洗ったその中の1本です。
この大根を見て、娘が私に一言。

「お風呂でシャワーを浴びている、お母さんみたい!」

だって。爆! www(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

P1000026.jpg


確かに・・・胸、胴回りの体型は良く似ています。(☆_☆)

娘には、「そんなこと、お母さんに言ったら絶対に怒られるから、言ってはいけないよ!」
と、口止めしました。

そういう私が・・・こんなことをブログネタにしているのが家内に知れたら・・・
家には入れてもらえないでしょう。爆×10

タグ : myPhoto/Movie



[ 2008/01/28 12:04 ] 随 想 | TB(0) | CM(28)

「今月の課題」 2008.2 

GLA関西本部の指導者である本部長が執筆された 「今月の課題」(GLA関西本部発行の月刊誌の中から転載したもの)を月に一度、紹介させて頂く目的で発刊にあわせて up しています。
(しばらく途切れていましたが。)

何か、ちょっとした気付きの一助になれば、うれしいです。
いつも長文ですが興味ございましたら、お暇なときにでも、ご一読下さい。
コメント欄はありますが、読み逃げ、スルーは大歓迎です!(≧m≦)ぷっ 


2008年2月 「今月の課題」  本部長 岸田 守

高橋信次先生は『心行』の祈りの前文で次のように書いてくださっています。

私たちは神との約束により
天上界より両親を縁として
この地上界に生まれてきました
慈悲と愛の心を持って
調和を目的とし
人びとと互いに手を取り合って
生きて行くことを誓い合いました
しかるに
地上界に生まれ出た私たちは
天上界での神との約束を忘れ
周囲の環境 教育 思想 習慣
そして五官に翻弄され
慈悲と愛の心を見失い
今日まで過ごしてまいりました
いまこうして正法にふれ
過ち多き過去をふりかえると
自己保存
足ることを知らぬ欲望の愚かさに
胸がつまる思いです
神との約束を思い出し
自分を正す反省を毎日行い
心行を心の糧として
己の使命を果たして行きます
願わくば
私たちの心に
神の光をお与えください
仏国土・ユートピアの実現に
お力をおかしください

先生はよく「誰もあの世から生まれてくる時は”よし、俺はやるぜ”と胸を張って出てくるんですよ。ところが、生まれてしまうとすっかりあの世での約束を思い出せず、生まれた環境、教育、思想、習慣そして肉体五官に翻弄され、心がスモッグでいっぱいになってしまうんですよ」とおっしゃっていました。
そして光を入れてくださる時は、必ず最初にこの祈りの前文を語られていました。

あの世から生まれてくる時、どの時代に生まれるか、どこの国に生まれるか、どの両親の下に生まれるかは、過去世の後悔や願いやカルマ、そして魂の絶妙な仕組みによって誕生すると聞いています。
戦国時代に生まれるか、江戸時代に生まれるか、戦前に生まれるか、それによって、その時代のものの考え方や価値観、値打ちがまったく違いますし、日本に生まれるか、アメリカに生まれるか、インドに生まれるか、大阪に生まれるか、九州に生まれるか、沖縄に生まれるか、都会に生まれるか、山村に生まれるかによって、国や地域の風土や風習、習慣は違います。
また、男尊女卑の考え方や大家族制など、いろいろな違いがあります。
ましてや一番身近な影響を受ける両親の存在は、遺伝子はもちろんですが、ものの見方、考え方、大切にするもの、現実や問題の受け止め方、人に対する関わり方や行動の仕方、こだわりや偏見、不信感、歩き方から笑い方までそっくりなのに驚きませんか。

純粋無垢な赤子が生まれた時代、地域そして両親から、ものの見方や感じ方、行動の仕方、様々な情報や刺激に至るまで、まるで掃除機のように全部吸い取り、何がなんだかさっぱり整理のつかないゴミ袋のようになっているのが、私たちの10パーセントの表面意識ではないでしょうか。
その中で何と言っても両親からの影響が一番大きいのではないでしょうか。
外では愛想よくニコニコしているのに、家では腹立てですぐカッとくる人。
「まるであなたのお父さんそっくりですね」と奥さんに言われませんか。
「うるさいんだ、黙れ」と奥さんや子供の言葉に耳を傾けようとしない旦那さん。
まるでお父さんそっくりだと思いませんか。
自分の弱みを絶対に人に見せず、「大丈夫」が口癖の人も、お父さんにそっくり。
脂っこい食べ物、辛い物好き、あなたのお母さんとそっくりですね。いつも控え目そうに見えて意地っ張りなところもお母さんそっくり。自分が不利になったり、都合が悪くなると笑ってごまかそうとする人、誰にそっくりですか。その笑い方、お母さんそっくり。
上司から質問された時、素直に答えればいいのに、何か問いただされているように、責められているように思い、必死に言い訳っぽい受け答えをしている自分も、幼少時の親との関係から来ていませんか。

ある少女は、幼い時は父親が怖くてろくに話もできませんでした。
ある時、お父さんのために耐えているお母さんが可哀相だと、お母さんを守るために勇気を出して、お父さんに
「もっとお母さんに優しくしてあげて」と言いました。
その時お父さんは、娘から言われショックだったのか黙ってしまいました。
それ以来、少女は50才を過ぎた今になっても、家族を守るためなら、どんな言いにくい相手であろうと、言うべきことはしっかりと言います。
金儲けが何よりも一番や。と、金持ちを誇りに思っていた父親からの影響は、いつしかお金を儲けることが一番の価値になり、お金さえあれば大丈夫という思いが生きる信念になっている一方、そうは思っても親と違ってお金儲けが下手で、逆に”お金が全てではない、心が大切だ”と反発する人もある。
学歴さえあれば大丈夫、能力さえあれば大丈夫、これらの生き方の様々を親から受け継ぎ影響され、そう生きられる人も、生きれずに反発する人もある。
親に暴力を振るわれ家を飛び出し、力に生きた人もあるでしょう。
いつか知らないうちに、両親の生き方が子供を支配しているのではないでしょうか。
不登校、いじめ、引きこもり、家に寄りつかない子供たち、家庭内暴力、そして子による親殺し、親の子供への虐待と、本当に親子の関係が今ほど危機的な時代はないのではないでしょうか。

自分が両親から生まれて以来、全てと言っていいくらい影響を受けているわけですが、その中でも一番敏感に反応する感じ方や見方は何か、を振り返り反省瞑想することが大切ではないでしょうか。
同時に自分が親ならば子供に対してどのような感じ方、関わり方をしているのかを反省、瞑想することが大切ではないでしょうか。

心行の祈りの前文に

天上界での神との約束を忘れ
周囲の環境 教育 思想 習慣
そして五官に翻弄され
慈悲と愛の心を見失い
今日まで過ごしてまいりました
いまこうして正法にふれ
過ち多き過去をふりかえると
自己保存
足ることを知らぬ欲望の愚かさに
胸がつまる思いです
神との約束を思い出し
自分を正す反省を毎日行い
心行を心の糧として
己の使命を果たして行きます

とありましたように、両親という環境から受け継いだ、教育、思想、習慣を振り返り、反省、瞑想し、神との約束を果たしていきましょう。




[ 2008/01/31 17:31 ] 随 想 | TB(0) | CM(10)
  1. ..
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */