「今月の課題」 2007.7 

GLA関西本部の指導者である本部長が執筆された
「今月の課題」(月刊誌の中から転載したもの)を月に一度、発刊にあわせて up しています。
何か、ちょっとした気付きの一助になれば、うれしいです。
いつも長文ですが、興味ございましたら、ご一読下さい。
読み逃げ、スルーは大歓迎です!(≧m≦)ぷっ 

2007年7月 「今月の課題」  本部長 岸田 守

春の研修会では、高橋信次先生がお示しくださったカルマの修正の一環として請願を決めて頂きましたが、やって頂いておりますか。
「貴方の幸せは」とたずねられたら、貴方はどのように答えるでしょうか。
お金を儲けること、結婚すること、出世すること、名誉を得ること、家族に苦労をかけないこと等々、例え願いが叶えられたとしても、達成された瞬間に目標を追い求める幸せがなくなってしまいます。
満足と幸せはちょっと違うということです。
ということは、常に心自体も止まっているわけではありませんから、どうしたら、どうなったら幸せかということよりも、どうしていることが幸せということに、生きる生き方そのものが幸せかどうかということではないでしょうか。
辛くても苦しくても、精いっぱい努力している時は充実感があります。
誰が評価するわけでもなく、むしろ格好悪い生き方であっても、誰かの為に一生懸命に尽くします。
壁があれば壁の向こう側にあるただ一つの道を信じて、ただ「今」を生きる。
そんな姿勢が幸せなのかもしれません。
自分の持っている能力、眠っている智慧を生涯を通じて自分自身の手で引き出し続けることこそが、幸せへの道ではないかと思われます。

例えば、仕事にしても家事にしても、与えられたものを自動的にこなすだけではストレスが溜まってきます。不平不満が出ます。
主体的に仕事ができうれば必ずプラスの仕事をするようになります。
そして、プラスアルファの仕事をすれば自身が湧いてきて、日常の風合いも明るく生き生きして幸福感を味わえるのではないでしょうか。
主体的に何かに取り組もうとする時は、必ずや心の奥より湧きいずる意思、願いが立っているのではないでしょうか。
例えば、「一週間でやりなさい。」と言われたら、三日間で仕上げる。
「明日中にやってください。」と言われたら、今日中に仕上げて、明日の朝一番に見せるようにする。
表を作るように頼まれればグラフも作ってみる。
「おかずは三品でよい。」と言われたら、工夫してもう一品付け加える。
そういう進め方をしていく内に、仕事も家事もこれまでになく充実感を味わえるのではないでしょうか。
このように、仕事に対する取り組み方には、将棋に例えれば「指し手人間」「駒人間」のおおよそ二つのタイプに分かれるようです。
「指し手人間」は、自分の考え方や方針を持ち、自分の意思と判断で行動し、その行動の結果に対して責任を持ちます。
「駒人間」は、自分からは動かない将棋の駒のように全くの受け身です。
人の指示がなければ何もしない、いわゆる、指示待ち人間です。
”自分の仕事は大変だ””おもしろくもない”と不平不満ばかり言っていても何も解決しません。
それは、現状を改善しようとする本来の魂のやり方や智慧を眠らせているだけです。
やる気、意思を立てれば必ず幾つかのやり方にトライし、問題が生じても壁を乗り越えていけるのではないでしょうか。

カルマの修正にしろ伝道にせよ、何か事を為し遂げようとする時は、
「こうありたい」「こうしたい」という強い願いを持つことが出発点になるのではないでしょうか。
願いが行動を起こし、積極さを幅広くします。
願わずして事が成ることもまた、大海に乗り出すようなものと言えるのではないでしょうか。
また、志とは人から与えられるものでもありません。
自分の内側から夢や理想とともに弾け出してくるものです。
そして、一心不乱に脇目もふらず志した方向に向かってひたすら突き進んでいく道筋に、事は成就するのではないかと言われます。

ただ、時として自分の将来のことで、どうしたらよいのかわからないで気持ちが重く沈んでしまうこともあります。
会社での担当の仕事が思うように成果が上がらず、もう辞めたいと思うほどストレスに悩まされている人もあります。
リストラや定年で、経済的に生活をどう維持していったらよいのかも分からず、生きる力も絶え、暗い毎日を送っている人もあるかも知れません。
生涯の夢や希望が閉ざされる時、誰もが生ける屍のように空しい日々を送らざるを得ません。
考える力も創造しようとする力も動いてこず、時には自暴自棄になってイライラすることも多くありがちです。
そんな時こそ自分に返り、自分の心を見つめなければなりません。
そして、自分の心に問いかける祈りが必要なのではないでしょうか。
夜空を眺め、星々の輝きに心を傾けるのも良いかも知れません。
道端の草花に自然の営みを感じるのも良いかも知れません。
自分に呼吸を合わせ、自然に溶け込む気持ちがいいでしょう。
そして、神に大自然に「自分が苦しいのは、何を失いどういうことを恐れているのか」
「そうなったら本当に生きていけないのか」
「自分はどう生きたいと願っているのか」
「自分の魂は何を願って生まれてきたのか」と一人祈らざるを得ません。
自我がどんなに抵抗しようが、自我を崩さなければ道は開けてこないようになっているのかも知れません。
折角築いた富も財産も地位も、安定しているように思っていた人間関係も、周りの評価もことごとく喪失してしまうかも知れません。
落ちぶれ果て、親しかった友人も親戚の人も、そうして家族さえも自分を憐れみ相手にしなくなるかも知れません。
それでもその道を選ばざるを得なくなったら、それこそ魂の自然の道行きかも知れません。
その時、苦しくても本当に幸せを実感します。
『神、我と共にいませり。我、神と共にいませり。』

六月二十四日の高橋信次先生『感謝と誓いの式典』を機として、GLA関西本部は大きく変わっていくつもりです。
皆様、頑張ってください。

以上。
長文をご覧いただきまして、ありがとうございます。

―――――――――――――――――――――

>仕事に対する取り組み方には、将棋に例えれば「指し手人間」「駒人間」

私の仕事では、大学生がアシスタントとして働いて頂いております。
勤務前の新任研修時に、上記に関しては最初に必ず触れている内容です。
将棋に例えての話し、ではありませんが。

新任研では、まず
「仕事は楽しくあるべきです。」
「楽しいとは、仕事に対して自分の発想が生かされることでもあります。能動的に取り組みましょう。」
「仕事をさせられている、という考えは捨てましょう。」
「これまであなた方が学んできたことを自由に最大限に生かしてください。」
「しかし自己流だけではいけません。こちらにはシステムが構築されているので、それに従って仕事をします。」
「その中で自分独自の個性、色を作っていきましょう。」
・・・などなど。こういうことは、どこの職場でも同じかと思います。

ところが自分の心の内面をじっくりと見つめる作業は、仕事と違って必ずうまくいくとは限りません。
過去の出来事に対する反省(止観)一つにしても、楽しいというより、おっくうになることがあります。
これは自分自身、反省の功徳による内面的な深い、深遠な喜びを知らないためでもあります。
それを知っていたら苦もなく自ら進んで行うだろうと思います。まだまだ止観が浅い証拠です。(汗
関西本部が勧めている「生命の輝きへの道」については、最近、自分の中でちょっとした新しい気付きがありました。そういうことがあり、今まで以上にすすんで、やらせて頂いております。

>それでもその道を選ばざるを得なくなったら、それこそ魂の自然の道行きかも知れません。
>その時、苦しくても本当に幸せを実感します。

逆境に置かれた時に、自分の真価が現れてくるのでしょう。
今世の宿命として、自分がそのようにプログラムしているのであれば避けることは出来ません。
苦しくても本当に幸せを実感・・・魂修行の一環として、喜んで受けられるとすれば、とても素晴らしいことです。
それは一つのカルマを克服した、真の勇者の姿なのでしょうね。



この記事をリンクする?:


[ 2007/07/17 21:21 ] 随 想 | TB(0) | CM(27)
  1. ..
満足と幸せの違い・・・。そっか。そうですね。
自分では、ここに書かれてあるようなことは、考えたことなかったですが、
振り返ってみると、とても充実感があるとき、というのは・・・!
確かに、結果とかじゃなく それまでのプロセスのほうですね!^^

私も、
仕事面では、言われたことだけするのは面白味がないと思っています。
そして余談ですが、上から一方的に指図されるのが、キライなんです
よね~…。爆! (ナマイキ!)
なので、仕事で上に書かれてあること、すごく納得です。^^

自分なりのやり方で、達成した場合だと、その道のりがすごく面白いんですよね。^^
そして最初に与えられた目標とは別に、プラスアルファで何か必ず得ています。^^

心の作業の場合も・・・
結構、なんども同じことを繰り返していますが(乗り越えられないという意味で)
その途中経過をもっと大事に考えよう。と思いました。
通り一遍の知識じゃなく、何かもっと見つけられそうな気がしました。

ありがとうございました。^^
[ 2007/07/17 22:55 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
>自分では、ここに書かれてあるようなことは、考えたことなかったですが、

一つでも参考になること、考えさせられるもの、がありましたら良かったです。

>そして余談ですが、上から一方的に指図されるのが、キライなんです
よね~…。爆! (ナマイキ!)

ナマイキというより、ぷりんちゃんタイプであれば、上司の使いようによっては・・・ですが、自由に任せられて、結果的に会社にとってプラスになる新しいものを作り上げることが出来るタイプだと思います。
責任感もあるし。

>心の作業の場合も・・・
>結構、なんども同じことを繰り返していますが(乗り越えられないという意味で)

ドキッ、私のことかと思った。(汗

>その途中経過をもっと大事に考えよう。と思いました。

分析能力に長けている人は、ある意味、客観視がうまい人だと思います。
どうしても自分自身のことになると、事態が緊張してくると自分を保守する方向へ走っていきます。
そうなると客観的に自分を眺めることが難しくなります。
ぷりんちゃんは仕事上、いろいろと顧客の立場に立って業績向上を分析されたことがあるようなので、自分の内面で、心構えというか、途中経過にそれが応用できると良いですね。

いつもコメントありがとうございます。
[ 2007/07/18 10:53 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん、お久しぶりです^^
やっと、自分の時間ができたので・・・
読ませていただいて自分のことのように反省した気分です!
何時も前向きに考えていているつもりでも不満があるふみえママですv-390
心がホットした気持ちです。有難うございます^^
[ 2007/07/18 14:12 ] #- [ 編集 ]
忙しいときはブログどころでは無いですもんね。
私もこれから時期的に仕事が忙しくなるので、もしかするとブログを見たり書いたりするのが少なくなるかもしれません。

>何時も前向きに考えていているつもりでも不満があるふみえママです

これは誰にでも当てはまります。
私自身も随分以前は不満の塊みたいな時もありました。
親、兄弟、友人など身の周りの人にね。
当時を思い出すと情けないを通り越して、もう笑っちゃいます!!
ほんとに自分勝手でした。(汗
「理由なき反抗」なら少しはカッコイイかもしれないけど・・・。爆

>心がホットした気持ちです。有難うございます^^

それはよかったです!!嬉しいです。

読み逃げ、スルーは大歓迎!なのに
わざわざコメントを残していただきまして、ありがとうございます。
[ 2007/07/18 14:34 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こんにちは。今回も深いですね~。

<<『願いが行動を起こし、積極さを幅広くします』

これは 目標の違いで結果が違ってきますね。

『願い』が自己本位な目標、自分以外誰も良い思いをしない・・そんな場合は、結果的にスっこけることになりがちだということは何度も体験しました(滝汗。
うまくいったように見えても、ほかの人と成果を共有できないために後味も悪かったり・・こういうのありません?

結局、願い→行動の繰り返しが生活であり、その積み重ねが人生なので日々の周りの様子・結果に対する評価が冷静に客観的にできるかどうかって大事ですね。

それがここにつながるのでしょう。

『そんな時こそ自分に返り、自分の心を見つめなければなりません。』

そう思うと、うまくことが進まないジレンマや、つまづきがありがたいものであることがわかります。
積み重なって大きな傾きになるのを防ぐ意味もありますからね。
間違いにきずかせてもらって感謝すべきですよね。

といっても、実際は、

(ヾ3ヾ)<クッソ-!

って感じにイラついてしまうんですがね(大汗。 
マダマダダ~(´;ω;`)
[ 2007/07/18 15:39 ] #WpbHSf/E [ 編集 ]
70歳のじいさんにバイアグラばもろたやん。試しに飲んだらそりゃすげーばい。バイアグラってすごかとねー。驚いたばい。
[ 2007/07/18 15:44 ] #FDFIuIL. [ 編集 ]
毎回、自分の中に気づきを
与えてくれる記事に
感謝しています・・・
これからも、日々の生活の中で
少しでも、実践できたらと
思います。ゆきさんありがとうね!
[ 2007/07/18 15:45 ] #- [ 編集 ]
>こんにちは。今回も深いですね~。

そうなんです。
岸田先生が書かれてあることは
いろいろと考えさせられます。

>うまくいったように見えても、ほかの人と成果を共有できないために後味も悪かったり・・こういうのありません?

あります、あります!
つうか、自慢できませんが。(汗
自分さえ良かれ、ということ考えていました。
視野が狭かったんですよね。

>そう思うと、うまくことが進まないジレンマや、つまづきがありがたいものであることがわかります。

その渦中にいる時は苦しいんですが、
いつまでもその状態であるはずがないので、
仰るとおり、冷静に客観的にいつも
判断できたら良いですね。
それが出来てこそ、不動心が少しずつ
養われていくことでしょうね。

>(ヾ3ヾ)<クッソ-!
>って感じにイラついてしまうんですがね

私も同じですよ。
そういう思いの頻度が少しずつ
自然に減らしていきたいものです。

長々と読んで頂きコメントまで、ありがとうございます。
[ 2007/07/18 15:56 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
>毎回、自分の中に気づきを
与えてくれる記事に
感謝しています・・・

そう仰って頂くと、感謝感激です。
私は文章をワープロでたたいて、
ただ紹介しているだけです。
転載した文章がイマジンさん、
そして他の皆さんの心の琴線に
触れることが出来たんだったら
とても嬉しいです。

>これからも、日々の生活の中で
少しでも、実践できたらと
思います。ゆきさんありがとうね!

こちらこそ、ありがとうございます。
お互いに少しずつでも、頑張りましょう。
くじけそうな時には祈りながら
自分を変える努力を諦めずに
続けたいと思います。

いつもありがとうございます。
[ 2007/07/18 16:15 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
どっかの怪しい広告かと思いました。
ところで Heart Ring さんを
ご存知だったんですね。
ちょっとびっくりでした。
[ 2007/07/18 17:14 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こんばんはー♪
今、バトンやって来ました~♪(*⌒艸⌒) ♪

明日でもおひまな時、hiro姉貴のところで見てくださ~い。^^

っと、それは置いといて・・・。
文字間隔を広げるやり方で、改行の問題がなくなる方法が分かったかもです!!
[ 2007/07/18 22:02 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
>今、バトンやって来ました~

さっき見に行って来ました!
今からすぐに、どうしても帰らなければならないので、ヨコヤリが入れられません。残念。
明日一番にゆっくり覗いてきます!!
ごめんね。

>文字間隔を広げるやり方で、改行の問題がなくなる方法が分かったかもです!!

ほんとう!!嬉しい!!
明日、ゆっくり教えて頂きます!
じゃ、またね。
[ 2007/07/18 22:12 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こんばんは^^

>「貴方の幸せは」とたずねられたら・・・

「今ここに在るということ」でしょうか^^
今ここにあるからこそ歩いてゆける。
歩みを深めてゆける。
幾度も死を望んできた人生でしたが、
本当に生きていて良かったと思います^^

仕事に関しては、もちろん生活のためもありますが、
何よりも今の環境は私にとっては
最適な修行の場なのだと思います。
去年までは、場なのだということは
わかるのだけど・・・だけどっ!
って感じだったけどね(苦笑)
そこを乗り越えたら、ちゃんと新たな
次へのステップが用意されてたわけですw
ほんと人生ってうまく出来てますよね^^
自分が考えただけじゃなく、マスターも色々と
この人生の構想のお手伝いをしてくださったのだろうなぁ
って感じています。
[ 2007/07/18 22:34 ] #- [ 編集 ]
怪しい広告ね。あっはっは。

ハートリングさんね(^0^)お久しぶりでした。お元気そうで何よりです。
[ 2007/07/19 05:30 ] #FDFIuIL. [ 編集 ]
>「今ここに在るということ」でしょうか^^
>今ここにあるからこそ歩いてゆける。
>歩みを深めてゆける。

あおさんらしいことばですね!
自分の存在価値をひたすら求めてある
その姿は美しく感じます。

>そこを乗り越えたら、ちゃんと新たな
>次へのステップが用意されてたわけですw

立ちふさがる壁は、なかなか簡単には乗り越えられるものではありません。
一歩、一歩を確実に踏まれてあるんですね。
そうでなければ、次のステップなど
訪れてこないと思います。

あおさんの決めてこられてた、人生の構想どおりに
進まれることをお祈りいたします。

いつも素晴らしいコメント、ありがとうございます。
[ 2007/07/19 12:20 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
はじめまして、こんにちは。

とつぜんですが、このブログで岸田先生を知りました。

どのような方か教えて頂ければ嬉しいです。
[ 2007/07/22 15:02 ] #tHX44QXM [ 編集 ]
ひろしさん、いらっしゃいませ!!

岸田先生はGLA関西本部の頂点の方で本部長をなさってあります。

お人柄は、とても謙虚なお方です。
また、包容力が豊かな方で、俗に言う
懐が深いです。
私は、その人間性に惚れています!
すごく温かい人です。

高橋信次先生が為させていたように
岸田先生も人に「光」を入れらることがあります。
それを私も何度も体験させて頂いておりますが
私の心に伝わってくる先生の光の波動は、とても精妙です。
私がこんなことを言うのも変ですが
岸田先生の心の器の広さを実感いたしました。

回答は、これで宜しかったでしょうか。
他にご質問等ありましたら、コメント欄
または当ブログにありますメールにて
書いて頂ければ、私の知る範囲で
お答えさせて頂きます。

コメントありがとうございました。
また、おいで下さい!!
[ 2007/07/23 12:33 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん

こちらこそ、コメントありがとうございます。

岸田先生はとっても人望のあるお方なのですね。

私も一度お逢いしてみたいと思いましたが、一般でもお逢いする機会はあるのでしょうか?

また、会員の方は皆さん霊言の現象や前世を思い出されているのでしょうか?よろしければ教えてください。




[ 2007/07/23 22:04 ] #tHX44QXM [ 編集 ]
ゆきさん、今晩は!長文読ませてもらいました^^
今、少し悩みがありまして読んでいると何故か心がホットします。
有難うございます!
[ 2007/07/23 22:27 ] #- [ 編集 ]
再度お出で頂きまして、ありがとうございます。

>私も一度お逢いしてみたいと思いましたが、一般でもお逢いする機会はあるのでしょうか?

もちろん可能です。
東大阪の本部に直接、赴かれるか
地方支部集会に合わせて
お会いされるかのどちらかですね。
しかし、あらかじめ事務局へ
アポイントをおとり下さい。
または私の方が岸田先生に直接、ひろしさんの
その旨をお伝えして、お会い頂くことも出来ます。


>また、会員の方は皆さん霊言の現象や前世を思い出されているのでしょうか?よろしければ教えてください。

会員の皆さん全部ではありませんが、
私は複数の会員の方の本部での霊道現象を
この目で見ています。

ちなみに信次先生ご在世当時に関西本部会員で
信次先生から直接、霊道を開かれた方で
在籍されている方は、岸田先生とその奥様だけのようです。
信次先生帰天後30年の時を経ています。
また信次先生帰天後の分裂もありました。
現在、霊道を開いてある方は、岸田先生の
お力によるものです。

もう一つの質問の
過去世を思い出してありますか?

ですが、これは霊道者(阿羅漢)でも個人差があると思います。
自分の守護霊との一体感の差でもあると思います。
ある程度の異語は出ても思い出せない人もいますし、
当時の自分にとって印象深い事柄を思い出されている方も知っています。
それぞれのようですね。
多いのはやはり、2000年前のイエス・キリストの当時と
2600年前のお釈迦様の当時です。
そういえば古い中国の頃に生まれた人もいました。

もし興味ございましたら、岸田先生の
講演と霊道現象のビデオが手元にあります。
仰って頂ければ、それを進呈いたします。
また勉強されたければ(勉強大歓迎!!)、私の手元に
ある範囲で資料も進呈いたします。
その場合は、カギコメまたはメールにて連絡お待ちしております。

以上で回答、宜しかったでしょうか?
まだ不明なところがあれば、コメント下さい。
私の知りえる範囲でお応えいたします。

コメントありがとうございました。
(長々と書いてすみません。汗)
[ 2007/07/24 13:49 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ふみえママ、
いつも長文をご覧頂き
ありがとうございます!

>今、少し悩みがありまして読んでいると何故か心がホットします。
有難うございます!

そうでしたか。
もう、大丈夫でしょうか?

ホットして頂いてよかったです。

また、お出でくださいね。

コメントありがとうございました。
[ 2007/07/24 14:24 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん

ご親切に回答をいただきましてありがとうございます。

とても良くわかりました。

(ゆきさんのブログ(文)はすごく読みやすいです。)

近々にメールをしますので、再度よろしくお願い申し上げます。

取り急ぎ失礼いたしました。
[ 2007/07/24 19:09 ] #tHX44QXM [ 編集 ]
>(ゆきさんのブログ(文)はすごく読みやすいです。)

そうですか。
少しでも伝わることが出来て嬉しいです。

>近々にメールをしますので、再度よろしくお願い申し上げます。

なんでも、仰ってくださいね!
但し、反論に対する
抵抗能力はありません。(爆
冗談です!失礼しました!!

メールお待ちしていまーす!

コメントありがとうございました。
[ 2007/07/24 19:27 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/07/25 01:08 ] # [ 編集 ]
初めまして、高橋信次先生のことが詳しく知りたくて、その関係の本をネットで探して購入しようとして、慣れないパソコンを操作していましたらこのブログに出会いました。私は信次先生のご帰天される一年前にGLA中京の会員に成ったのですがこの25年間は名目会員になって居ります。信次先生の教えの方がなじみ易く郷愁を感じています、霊道現象のビデオなどがありましたら是非入手したいと思っております、最近は特に強く心ある人に正法神理を伝えたく思っている次第です、販売されていた信次先生の講演カセットテープは全巻保有しています。出来たら霊道現象のビデオが頂ければ大変有り難いと思います、費用も遠慮なく請求して下されば、有難い事です。以上よろしくお願い申し上げます。 有難う御座いました。 篤生拝
[ 2007/09/03 19:20 ] #- [ 編集 ]
西田様
はじめまして。
当ブログにお出で頂き、ありがとうございます。

私は、自分で当時、高電工業(三宝出版社)から購入したテープは所有していますが、それをコピーして販売などしたことは、ありません。

しかし西田様にとって少しでも、要望が叶えられるよう努力いたします。
いずれにしても詳しいことはメールにて返信いたします。
今しばらくお待ち下さいね。


[ 2007/09/03 20:09 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
準備が出来ましたので
連絡を下さいね!!
[ 2007/09/04 20:50 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または 全記事一覧 からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */