「神と罰」 高橋信次 

月に一度、GLA関西本部の月刊誌発行に合わせて、高橋信次先生の随筆をあげています。
興味が御座いましたら、ご覧下さい。 
以下、GLA関西本部発行 2007.9月号月刊誌より転載


「神と罰(バチ)」

人間は神仏の子である。自ら律し、自ら創造し、自らこの地上を調和させてゆく。
大自然が調和されているように、人間もまた調和された存在者である。
神仏の子である一つの証明は、己自身にウソが言えないことと、人間の意識は宇宙大の広がりを持つということ。
人間の肉体構造が宇宙と同様につくられてあり、星の数と人間の肉体細胞の数についても、やがて新しい発見がなされるであろう。
では、そうした存在者の集団である地上社会が何故混乱を招いているかである。
神の子ならばもう少しましな社会がつくられてもいい筈ではないかと。
まさにその通りであり、神の子の社会が不善の社会をつくる道理がないからである。
だが、ここで大事なことをおろそかにしてはならない。
神の子は自らを律し自ら創造してゆくようにつくられている。
大自然を神が創造したように、人間もまたこの地上を創造してゆくものである。
しかも人間は、神と同様に自由な意思が与えられ、言うなれば、その自由な意思でどう自分が創造しようと、それは神の子の許された権能なのである。
人間が肉体を持ち、個々の生活環境を形づくってゆくと、本来の神の子の神理から離れた創造行為に移りやすくなってゆく。
ここに肉体人間の過ちがあり、不幸の原因が生じてくる。
相対観念は、あらゆる悪を生み出し、罪を生み出してゆく。
しかし、天があり、地があり、男女の区別のある相対界であるからこそ、より進化した調和を生み出すことも可能なのである。
これまでの人類史は、調和の期間が短く、悪を創造してきた期間のほうが長かった。
罪をいろいろ重ねてきた。神の子のあるまじき罪を、不調和を生み出してきたのである。
人間は、自由な意思と自由な創造性を与えられ、それは神の子としての当然の権能として行使できるために、今日の悪をつくってきたのである。
人間の本質はこのように、神仏の子である。
神仏の子であるが故に、その罰は己が償わなければならない。
神仏が神仏を罰することはないし、神仏の子は、神仏そのものであるからである。
神を祀り、仏を崇め、手を合わせることを拒めば罰が当るとする考えや思想・掟がもしあるとすれば、それはまったく人間を知らぬために起こった、いわばその教団維持のための自己保存にすぎない。
神は人間に罰を与えるどころか、不幸な者ほど思いわずらうのが親子の情というものであり、神仏の心は人間の心と少しもかわりはないものである。
――間違っても神仏が人間に罰を与えると考えてはならない。
蒔かぬ種は生えぬ、蒔いた種は刈り取ることが神理であり、法であり、人間に課せられた天命である。

以上

―――――――――――――――――――

罰・・・重い言葉です。

ちょっとした思い出です。小学1年の頃です。昭和四十三年ごろですね。
私は小さい頃から何か悪いことをすると、決まって「そんなことしたらバチがたあたる」と家族や近所の方から言われていました。(汗

自宅の前に幅が三メートル位の小川があります。その頃の小川は清流でした。
今は当時の記憶にある面影は全く無く、部分的にコンクリートで固められています。
その川では夏になるとフナやハヤ、そして川ガニとかシジミ貝を遊びながら自分でとってきて、とったものが食卓に上がっていました。

小川は初夏になると夕方ぐらいから、たくさんの数のホタルが飛び交っていました。毎日のように飽きもせず天気の良い日はつかまえていました。
飛んでいるホタルを手でキャッチするのは別に何も言われませんでしたが、草むらの中で光っているホタルは手で取ってはいけない、と親から言われていました。
草むらに隠れているヘビの目がホタルに見える場合があるから、ということです。
ヘビは怖いので噛まれたくないです。それで教えられたのは、笹を取ってきて、その笹を川の水につけて笹の湿った葉で、草むらに光っているホタルをこすってつかまえていました。
♪ほー・ほー・ほーたるこいっ♪っていう歌を歌いながら。(笑
つかまえたホタルは、カゴに入れて家で眺めていました。
翌日になると、ほとんど死んでいました。(涙

それからずっと後になり、川が濁ってホタルの幼虫の餌となるカワニナが減少し、ホタルが見られなくなった頃のことでした。
親に、その頃言われていた、ヘビの目がホタルに見えることがあるから手で取ってはいけない、と言われたことを思い出して、それについて何気なく聞いてみました。
親の本心は子供がヘビに噛まれることが危ないのではなく、夢中になってつかまえようとしているので、暗い中でガラスや瓦の破片などで怪我することを心配していたそうです。
もし、ガラスや瓦があるから手で取ってはいけない、と言われても親の忠告は無視して、手で取っていたはずです。(汗
ヘビだから怖くて親の言うことを素直にきいていました。


同じくその頃のことです。学校帰りに(目の前の自宅で済ませればいいものを)決まって毎日、自宅前の川に向かって、おしっこをしていました。(爆)はずかしい。爆爆!
ところがある日、自宅前の川を挟んで、お向かいの家のおばあちゃんに、それを目撃されました。
がばい怖い、ばあちゃんです。何か悪さが見つかるたびに怒られていました。(汗
そのときは、「川で、しょんべんするぎー、水の神様のバチがあたってチンチンが、赤(あ)こうなって、もう、しょんべんが出らんごつぅなるったい!」
と、怒られました。爆!

神様のバチがあたる・・・。
それを聞いて怖くなり、それ以来、川でおしっこするのは止めました。(笑

実はその頃の川は、島田洋七さんの作品 「佐賀の がばい ばあちゃん」にあるように、川は
生活用品!の一部でもありました。
そこに、平気でおしっこをしていました。だから怒られるのは当然です。(汗

家庭の井戸が他のものでいっぱいの時には、どの家の奥さんも目の前の川で野菜を洗ったり、お米をといだり、夏はスイカを冷やすために川につけたりしてありました。
また洗濯板でゴシゴシと下着、普段着の洗濯もしてありました。
赤ちゃんがいる家は、今みたいにパンパースなどの紙おむつはありません。
全部布オムツでした。布オムツは特別に汚いので、その場合だけは、家並みの一番下流に行って、洗ってありました。
田舎ですから、今と違って、周りのどの家もほとんどが百姓で、奥さんが外に出て働くというのが、あまりなく、のんびりしていたように思います。

こんなヘソ曲がりな、当時小さかった私には、理屈で言われるよりも、バチがあたる、と言われた方が効果てきめんでした!(笑
そういう場合は「バチがあたる」と言うのは良いかと思います。


ところで、罰には天罰とか神罰、仏罰あるいは天誅などと俗にいいます。
文中にあるように自己利益の為だけに、また、人を思うように使うために恐怖だけを植えつける「バチがあたる」というのは、もってのほかですね。

>神仏の子である一つの証明は、己自身にウソが言えないこと

この言葉は、高橋信次先生の著書、講演には折に触れ、何度も目にしたり聞いたりしています。
確かに、人にウソを言えても、自分の心自体にウソをつけません。
自分のなかには、自分は一人だからです。

今回は、他の動物に無い、万物の霊長のみに与えられた自由を行使できる権能の根拠に対する大意を書かれた随筆文でした。

長文をご覧頂き、ありがとうございました。


タグ : 高橋信次:GLA誌より



この記事をリンクする?:


[ 2007/08/30 10:11 ] 随 想 | TB(2) | CM(16)
  1. ..
ゆきさん、おかえりなさいー♪
復帰されて、嬉しいです!http://blog78.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12">

夏季講座、お忙しかったでしょ。
お疲れ様でございました。
また、よろしくお願い致しまーすhttp://blog78.fc2.com/image/icon/i/F9A4.gif" alt="" width="12" height="12">

昭和40年代に、ゆきさんが、ホタルをとってる様子は
とってもかわいいですhttp://blog78.fc2.com/image/icon/i/F9CB.gif" alt="" width="12" height="12">

私も、「そんなことするとバチがあたるよっ」は
よく言われてました。 子供心にうひゃ~もうやめよう。
と思うんですよね。(笑)
自分が蒔いた種は自分が刈り取る。
すべて自分の行いが自分に帰ってきているだけ。
江原さんの本でも読んだことがあります。

自分に与えられた自由意志で、自分をどう創造してくのか。
私たちに与えられた、特権中の特権だと思いますが・・・
改めて、もっと自由意志に責任持たなきゃ。と思わせて頂きました。
            今日もケイタイから挑戦してみました。(笑)
[ 2007/08/30 11:53 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
さっそく、たずねて頂いて、ありがとう!

こちらこそ、またヨロシクねっ。
そして、ねぎらいの言葉までありがとう!
忙しさから開放されて、やっと今までのリズムに戻ります。


>私も、「そんなことするとバチがあたるよっ」は よく言われてました。

いっしょだね!(≧m≦)ぷっ
そういわれると、子供にとっては怖いです!

自由だから責任全うも出きるし、放棄も出来ますね。
私も自由意志の責任、痛感します。
放棄は新たな自分のカルマを創ります。
それは避けたいです。

ってか、これ携帯からですか!!
どうりで、色つきの文字の変わりにカワイイ絵文字がチラホラ!
すごい!ぷりんちゃん、進歩してるぅー!!

パケほうだいは、9月からなんで、
私も来月から本格的に!携帯投稿挑戦します!爆

いつも長文をご覧頂き、ありがとうございます。
[ 2007/08/30 12:36 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん、お久しぶりの更新。ワクワクして読みました。

今月は多忙だったご様子。
稼げましたか?どうぞご自愛ください。

しかし・・生活の中に川があるとは、のどかな暮らしでいいですね。
ご近所がひとつの家族のようでいいところでご成長されましたね。

蛍!
もうぜひぜひ一度ホンモノをみたいと願っていますが、
綺麗なのでしょうね。
記憶の中でも、蛍を見た経験があるとはうらやましすぎです。
今その蛍はゆきさんの心の中にいるのでしょう。

『バチがあたる』なつかしいですね。
私もよく聞かされていました。
(それだけいたずらな行動派だったこともありますが。)
でも、今考えれば、バチが当たるといわれてた項目のどれもが、嘘でもないナ~と思いますね。
危険・良くない・人のためにならない(もちろん自分のためにも)
そんなことがちゃんと含まれているんですよね。

>神仏の子である一つの証明は、己自身にウソが言えないこと

納得しますし、ドキドキします。
確かに己自身にウソがある時は気分まで暗いと思います。

またヨロシクね。
[ 2007/08/30 13:23 ] #WpbHSf/E [ 編集 ]
コメントありがとうございます!

響さんのブログ、
(他の方もほとんどそうでしたが)
書く暇がなく、読み逃げばかりでした!失礼していました。

北海道はホタルがいないんですよね。
残念です。
ホタルのお尻が光るのは、不思議です。
金の卵を産むニワトリ・・・ではありませんが、調べたくなります。
なぜ光る??
一度だけですが、どうなっているか、知りたくてホタルのお尻をむいたことがあります。(汗
それでも何で光るか分かりませんでした。←あたりまえ!
その時のホタルさん、殺してすみませんでした。(汗

私の記憶の中では、ホタル狩りは楽しかったです。

>確かに己自身にウソがある時は気分まで暗いと思います。

これは仕方なく、自分の本心が願っていることとは違ったことをした場合、または、させられた場合に自分を無理に納得させる時も感じますね。

これからもまた、お願いしますね。
[ 2007/08/30 13:53 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん、復帰してくれてありがとうございます。楽しみにしていましたから、とても嬉しいです。

蛍ね、私の子供の頃も、家の前の「どぶがわ」にたくさんいたのを思い出しました。蚊帳の中に放したりしましたよ。
昔は今ほど外灯も明るくなくて、どこかの家の雨戸の節の穴(昔は木でしたよね?)から漏れる、部屋の明かりが、まるで蛍みたいだなーと思った記憶があります。


神様はなんでもできるのに、どうして犯罪や戦争を無くしてくれないんだろうと思ったことがありました。

私なりに答えは出していたけれど、この記事で、パーっとすっきりしました。
そのことこそが人間に与えられた自由であり、成長することでもあるのですね。
高橋信次先生の著書の中で、守護霊としてある魂も、ひとたび再び肉体を持てば、人間としてのさまざまな欲望や無知の中におかれて、自分の使命を果たせなくなることもある、というようなことが書いてあったように思います(違っていたらすみません、正してください)

バチがあたる、って言われましたよー、たくさん。
食べものを粗末にしたときとか・・蛇の話は、子供を思う親心が溢れていますね。危険から守る、大事なことを教える、という意味では、私もバチがあたるよ、は、いいんじゃないかなぁと思います。

久しぶりで思わずながーいコメントになってしまい、ゴメンナサイ!!



[ 2007/08/30 15:17 ] #Wf0XxWeM [ 編集 ]
シエラさん、そう仰って頂き、感激です。ありがとうございまーす。

そうそう!!
今みたいに街灯がなく、あっても電信柱みたいのに笠だけついてる裸電球でしたよね。
当時の雨戸はどこも、アルミ製ではなく、節の抜けていたガタガタ戸でした!
開け閉めに苦労していました!爆
蚊帳・・・懐かしいです。
どこの家も今みたいに気密性に富んだ家ではなかったので、蚊がしょっちゅう、入っていました。
金鶏の蚊取り線香だけでは対抗できませんでした!
そこで夏の夜は蚊帳の登場です!
布団の周りの上の空間に緑色の濃い色の蚊帳を張ってありましたね。
蚊帳に入るのに無造作にまくりあげて入ると、蚊も一緒に入ってくるので怒られていました。爆
私も蚊帳のなかにホタルを持って来たら、ホタル独特の臭いがあって、臭いから蚊帳の中まで持って来るな!って、これまた怒られたことがあります。爆
私はしょっちゅう、怒られっぱなしです!爆爆


>私なりに答えは出していたけれど、この記事で、パーっとすっきりしました。

取り上げさせて頂いた文が参考になり、すっきりされて、良かったです!


>(違っていたらすみません、正してください)

まったく、その通りだと思います。
あの世で神に一番近い人間でも、この世に生まれてくると間違いをも犯すそうです。
もちろん、それだけの魂ですから、生きている内に自ら、その間違いを間違いだと気付いて、修正されて帰天されるそうですが。


>バチがあたる、って言われましたよー、たくさん。
食べものを粗末にしたときとか・・

やっぱり、どこの家庭でも同じなんですね。よかった。(笑


>久しぶりで思わずながーいコメントになってしまい、ゴメンナサイ!!

とんでもないです!
ながーーーーいコメント!
いつでも大歓迎です。

長々とした文をご覧頂いてありがとうございます。
そして、これからもまた、宜しくお願い致します。
[ 2007/08/30 16:45 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん^^

 ヾ(*。・ω・。)人( ̄◎ ̄* )ノ-会いたかったよ♪

お仕事大変でしたね!!

生徒さんへ熱い情熱で乗り切られましたね!!

( ̄◎  ̄ )ボソ...がっぽり稼いだか(爆)

ナンデヤネン!(。-ω-)_θ☆(ノ・◎・)ノ


人間は全てを創造して全てを生み出してゆく
素晴らしい存在なのだよね・・

もっと素晴らしい世界を築いてゆく事も不可能ではないんだよね・・

罰が当たるよ!ていう言葉も今は
あまり使われなくなりつつありますよね・・

蛇の例えも親御さんの、ゆきさんに対する愛情を表していますよね・・^^
[ 2007/08/30 17:40 ] #HIn9vuQ2 [ 編集 ]
タコたん。
今までは忙しくて、タコたんの記事に書き込みできないし、ゆっくり読むことも出来ませんでした。

九月からは元に戻りますので、またゆっくりとおじゃましにきまーす!


> ( ̄◎  ̄ )ボソ...がっぽり稼いだか(爆)

ここだけの話、忙しい分、入ってくるものは、いつもよりも、お・お・い・です!(汗
こんなこと言うと、この人↓↓
      (▼◎▼メ)┌θ☆)0')〃 アウッ!

が来るんであんまり、言いたくないですぅ。爆爆!


>罰が当たるよ!ていう言葉も今は
>あまり使われなくなりつつありますよね・・

そうですよね。私の子どもにバチがあたる・・・って
言った記憶がないですぅ。


>蛇の例えも親御さんの、ゆきさんに対する愛情を表していますよね・・^^

ありがとうございます。

っつうか、もっと激しい突っ込み!
期待していましたがっ!爆

長文を読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからもまた、お付き合いお願い致します。
[ 2007/08/30 18:10 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
いい時代でしたよね。。。
自分も良く大阪の大和川で
暗くなるまで川遊びをしたり釣りをしたり
沢山の思い出があります。
名物おじさんがいて、何かと気に掛けてくれたり叱られたりと、今じゃこういう
伯父さんっていなくなりましたよね!
また遊びに来ますね!!
[ 2007/08/30 20:33 ] #- [ 編集 ]
一ヶ月間、ご無沙汰していました。

川遊びって、子供からしたら楽しかったですよね。
浅い川でしたが、魚がおよいでいると、バシャバシャと走って追いかけていました。
イマジンさんも同じだったんですね。(≧∇≦)
イマジンさん、川での、その思い出話聞きたいですぅ。

名物おじさん!
そうでしたね。そういう人いましたね。
今と違って、よその子供をしかって、その親が言った人に、文句言いに来る時代ではなかったですもんね。

あのころと随分、時代が変わったものですね。

ありがとうございます。
また、お出で下さい。

コメントありがとうございました。
これからも変わりなくお願いします。
[ 2007/08/30 20:43 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
>ここだけの話、忙しい分、入ってくるものは、いつもよりも、お・お・い・です!(汗
>こんなこと言うと、この人↓↓
>      (▼◎▼メ)┌θ☆)0')〃 アウッ!

>が来るんであんまり、言いたくないですぅ。爆爆!

誰がどうしたって・・えっ!?

言ってごらんなさい!!


( (≪●≫) )◎( (≪●≫) )ギロッ

上納金の期限は明日だからね!
ちゃんと払ってね!!

儲けたみたいだから普段の倍ね(爆)(爆)

ああ・・私の純情可憐なキャラが壊れてく
[ 2007/08/31 11:50 ] #HIn9vuQ2 [ 編集 ]
戻って来ていただいて、ありがとう。


あ~!!忘れていた!!
↓↓
( (≪●≫) )◎( (≪●≫) )ギロッ

怖い人に、この人もいたんだ!!
こっちの方がもっと、怖いかも!爆


>上納金の期限は明日だからね!
>ちゃんと払ってね!!

わかりました。
蛸壺に入れて、博多湾から流しますので、釧路港で受け取ってくださいまし。
↑↑どっかで、聞いたことあるような・・・すみません、二番三番煎じでした。爆!


>ああ・・私の純情可憐なキャラが壊れてく

すみません。こんなことにお付き合い頂いて。爆
でも大丈夫。私の中で、タコたんの美人のキャラ・・・崩れませんから~!!


いつも遊んで頂いてありがとう!!爆
[ 2007/08/31 12:20 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん(*゜▽゜)ノおかえりぃ♪
多忙な時期お疲れ様でしたっ!
私はもうちょっと繁忙期が続くけど、
それでも最繁忙期は乗り越えることができました☆

川遊びや蛍・・・いいですね^^
どちらも経験がないなぁ・・・。
北海道には蛍がいないと思ってたのだけど、
年配の方が今住んでいる街にも
昔は蛍がいたのだと話してくれました。
何故いなくなったのだろう?;;

罰かぁ・・・(苦笑)
私も自分の子供たちにその言葉は
使ってないかも。
祖母には罰とは言われた記憶はないけど、
ご飯つぶを残すと目がつぶれるとは
言われたので未だにしっかり守っていますw

天罰なんてものは、私もないと思っています。
あるとすれば天つばですよね。
天に向かってつばを吐きかけたら
自分の顔に落ちてくるってやつw

自分の心の奥底の願いに耳を傾けて
そのままに生きたいとすることは、
それがそのまま天の意思のままに
生きようとすることなのだと思います^^
そうありたいものです♪
[ 2007/09/01 14:01 ] #- [ 編集 ]
ご無沙汰しておりました。

訪ねていただいて、ありがとうございます。

温暖化の影響で北海道にもホタルが戻ってくるかも!
こちらも今現在は、ホタルって何処にでもいるというわけではありません。
川の上流になる山間部ぐらいです。
それだけ下流域はホタルが生息できない程、濁っているという証拠なんでしょうね。


>ご飯つぶを残すと目がつぶれるとは

それは初めて聞きました!
そう言われると、子ども心に怖くなりますね。


>自分の心の奥底の願いに耳を傾けて
>そのままに生きたいとすることは、
>それがそのまま天の意思のままに
>生きようとすることなのだと思います^^

おっしゃるとおりですね。
私もそう思っています。
自分の心の中の本性、また
守護して頂いている方の言葉が素直に
伝わってこれる自分をつくりたいですね。

まだまだ、お忙しい時にコメント下さってありがとうございます。
[ 2007/09/01 14:27 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ゆきさん、こんにちは^^
私も今日から幼稚園に行っている孫の帰りの時間が4時過ぎになったので自分の時間がもてそうに・・・!

ゆきさんの蛍のへび、私もそのように聞いてそのまま今に至っています。1つ勉強になりました。
私の育ったとこも田舎でゆきさんのを読んでいると自分の田舎を懐かしく思い出していました。
こちらではもう蛍など見ることもなく又蛇など、孫は知らないです!

昔は悪い事をすると罰が当たるよと言われながら育ったものですが、孫に中々言えない自分がいます。時代が変わったのかな~?と思いつつv-410
[ 2007/09/03 12:18 ] #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます!

やっと夏休みから開放されましたね。
私も同じです!(≧m≦)ぷっ

懐かしく感じて頂いて嬉しいです。
しかしホタルが見れなくなったのは、寂しいですね。
うちの子供にも見せてあげたいんですが、残念です。

バチが当る・・・孫に中々言えない・・・
そうですよね。コメントいただいている皆さんも同じのようです。
これも仰るとおり、時代が変わったのでしょうね。


長々とご覧頂いて、ありがとうございました。
[ 2007/09/03 12:49 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
この記事のトラックバックURL
http://yukis0000.blog78.fc2.com/tb.php/128-61c2ee62

■容量:1200ml■原材料:純石けん分(30% 脂肪酸カリウム)■メーカー:シャボン玉せっけん■配送方法:常温(冷蔵商品との同梱可)★すばやく溶ける液状タイプです。溶け残りの心配がなく、ふんわりと洗い上がります。・「神と罰」 高橋信次・1056人以上の胸を大き
[2007/09/18 10:14] 洗濯用品の思い入れ
パンパースパンパース(Pampers)とは、P&Gが製造・販売している世界的な紙おむつのブランドである。日本での歴史1977年から福岡県・佐賀県でアメリカから輸入した製品を試験販売した後、1979年から全国発売。価格の高さから売れ行きが危惧されたが、試供品の大量配布などの
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */