初めて見た 本から出ていた黄色い光 

注文していた アラン・カルデック著の「天国と地獄」上・下の二冊が昨日、届いた。
ある方からスピリチュアルを理解するために一度読んでみて下さい、とあったので取り寄せました。
以前に西村さんから薦められて読んだスウェーデンボルグの「死後世界」は感動しました。
今でも、たまに読んでいます。
今現在の自分の思い、行動が天界に通じないものだったら大変だから自分を少しでも戒めるためでもあります。
今日さっそく本を数ページ読んで、これは自分の精神面で糧となると思った。期待以上の内容です。(今、まだ70頁ほどしか読んでいませんが)
なぜか、本から黄色い光が出ていました。
初めの何ページかを読んでいるときに気がつきました。
目は活字に焦点を合わしているが、目の左下に見えるは 
両手に持って開いている本の左手、左下の本の角から対角線上斜めに、夕焼けで見るようなオレンジ色っぽい光が 長さ約10cmで幅が2~3cmぐらいのものが飛び出していた。 
光が出ているなぁ、と思いつつ読んでいた。
ページをめくって読みながら、ちらほらと左下を見ても、やっぱり出ています。
よく見ようと思ったら もう見えなくなっていた。
光というのは、見ようと意識したら見えなくなるもの・・・かなぁ。 



タグ : アラン・カルデック



この記事をリンクする?:


[ 2006/11/17 16:36 ] 随 想 | TB(0) | CM(0)
  1. ..
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */