懐古趣味! 

ぷりんちゃんの 「サビ&アイアンチック 」 のまねしてかいてみるね
↑↑ ブログペットかっ。爆!



ぷりんちゃんのブログに「サビ」写真がありました。
前記事に続いて、サビにも関連した私の過去の趣味を、また少しばかり。笑!

私の骨董好きは自宅にあった脇差から始まりました。

P1000504.jpg

長さは一尺八寸。約54センチです。
ご覧の通り、表面には赤サビをまとっています。
これは二十歳過ぎた頃、自宅の物置小屋から見つけました。


P1000506.jpg

表面に浮いていた赤サビをゴシゴシと布で拭いてみました。
刀鍛冶の銘は付いていますが、写真では分かりにくいです。
以前に柔らかい和紙を当てて、その上から鉛筆の芯を軽くゴシゴシしたら彫ってある字がおよそ判明できました。今は何と書いてあったかは忘れました。
この脇差を見つけた数ヵ月後に刀剣屋さんに持っていきました。
鑑定ではなく、刀を研いでもらうには、どうしたらよいのかを聞くために。
そうしたら、その費用も結構かかるし、登録手続きも面倒そうでしたのであきらめました。笑!




こちらはサビとは関係ありませんが・・・。絵にも興味があって。爆!

P1000500.jpg

これは錦絵です。三枚一組で三万円でした。値札も残っていました。笑!
中央で偉そうにしている人は明治天皇です。




P1000501.jpg

こちらは柔らかい和紙に書かれた版画です。
八幡太郎義家は平安後期の武将ですね。
その子孫には鎌倉幕府を開いた源 頼朝。
また室町幕府を開いた足利尊氏を排出しております。
絵は、このような勇ましいものが好きでした。

全然自慢できるものではありませんが、以前の私のちょっとした趣味を書いてみました。笑!
ボチッとしてもらえると嬉しいです☆ ⇒ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : myPhoto/Movie



この記事をリンクする?:


[ 2008/07/27 15:15 ] 随 想 | TB(0) | CM(12)
  1. ..
ゆきさん こんにちは~!
v(≧∇≦)v イェェ~イ♪ ありがとうございます!!
おかげさまで仲間が増えました!(謎・笑)

というか!!
やっぱしゆきさん家は・・・お宝の宝庫な気がしますけど~!笑
ご実家に、このような脇差しがあること自体…すごい。
余談ですが、2枚目のサビの色味がイイ!(VQで撮ってみたいです・笑)

絵のコレクションのほうは、錦絵というのも、和紙の版画も初めて見ます。
値札のレトロチックさにも惹かれました。(笑)
普段は、保管してあって、たまに出して眺めていらっしゃるのですか。

>絵は、このような勇ましいものが好きでした。
ふ~む。ゆきさん、実は男らしいでわないですか!(爆)

しかし、お若いころの趣味とわ・・・。ゆきさんの新たな一面を見せて
頂きました。ありがとうございます♪

[ 2008/07/27 18:44 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
こんばんは~^^
ゆきさんの実家は蔵か何かあるのですかぁ?
脇差とはスゴイ!!

そして錦絵ですが、なんか歴史の教科書で見たことがあるような^^;;

私のうちの物置には、小さい頃に弟が書いたお絵かきが残っています♪
姉の私は絵はとにかく下手だったんで、何一つ残していなかったみたいですww

いつものポチッ!!

[ 2008/07/27 22:49 ] #- [ 編集 ]
いやいや、出てくるではないですか。

>芯を軽くゴシゴシしたら彫ってある字がおよそ判明できました。今は何と書いてあったかは忘れました。


↑あっはは!
このへんがゆきさんらしくていいよ。

「ゆきよ、そこまでして、なにゆえ忘れるかのぅ・・・トホホ」(ゆきさんのご先祖さまの声)


錦絵も版画も、きれいなものですね。
額装したら、すごく良さそうですよ。
お宝、といいますけど、金額ではないと思います。
それが好きで、手に入れて持っている、というのが一番大事。

また骨董癖の品々が出てきたら見せてほしいですよー。


[ 2008/07/28 11:18 ] #- [ 編集 ]
>おかげさまで仲間が増えました!(謎・笑)

またいつか、関連記事を書いたら参加させてね。

うちは代々、百姓なんです。笑
なのに刀がある。こっちの方も謎です。
以前に父親から聞いていた話ですが
先の大戦で鉄不足のために長刀を数本、差し出したそうです。


>余談ですが、2枚目のサビの色味がイイ!(VQで撮ってみたいです・笑)

では、一旦お貸しいたします。クール宅急便でお受け取り下さい。
って、冗談ですが。爆!
他にね、サビといえば古い斧だとか、曾祖母が使っていた手鏡の真ちゅう製の鏡だとか、少しばかり変った鍬もあります。
また、それもいつか、サビ&懐古写真特集!で書いてみます。笑!


>絵のコレクションのほうは、錦絵というのも、和紙の版画も初めて見ます。
>値札のレトロチックさにも惹かれました。(笑)
>普段は、保管してあって、たまに出して眺めていらっしゃるのですか。

よかったです。ありがとう。
買った頃はよく飽きもせずに(笑)眺めていました。
劣化しないよう、普段は奥に閉まっています。
懐古記事ということで、引っ張り出してきました。笑


>ふ~む。ゆきさん、実は男らしいでわないですか!(爆)

そ、そうですか。汗


私の新たな一面を紹介できて良かったです!

いつもありがとう。
[ 2008/07/28 11:32 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
実家はもともと、百姓なんで百姓道具や穀物を収納する蔵はありました。

そう。それが謎。なんであったのか?
見つけたその頃は、父親は亡くなっていたので
その辺が不明です。笑!
もしかして幕末維新の戦争後に拾ってきたとか。爆!


>そして錦絵ですが、なんか歴史の教科書で見たことがあるような^^;;

うん。そのように他によく似た構図は、たくさんあるようですよ。


>姉の私は絵はとにかく下手だったんで、何一つ残していなかったみたいですww

私が小さい頃のお風呂って、薪などで火を焚いていました。
そのときの火付け紙に私の母親は・・・
いらなくなった学校からもらったプリントとか画用紙で書いた絵を使っていましたよ。汗!
うちも残っていません。笑!

ももさん。訪問とコメントありがとうございまーす。
[ 2008/07/28 11:46 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
>「ゆきよ、そこまでして、なにゆえ忘れるかのぅ・・・トホホ」(ゆきさんのご先祖さまの声)

ご先祖様。すみませんですぅー。爆!


>錦絵も版画も、きれいなものですね。
>額装したら、すごく良さそうですよ。

ありがとうございます。
一時期、そう考えましたが紫外線にさらすことになり
色落ちが気になって奥にしまいっぱなしでーす。


>それが好きで、手に入れて持っている、というのが一番大事。

そうなんです。価値の無いガラクタだとしても
手元に置いときたい、それがいいよね。


>また骨董癖の品々が出てきたら見せてほしいですよー。

爆! 骨董癖の品はもうないですぅ。
ただ単に古いものはありますが。笑!
そのときは、ご披露いたしますね!!

いつも訪問とコメント、ありがとうございます。
[ 2008/07/28 11:59 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
実家に蔵があって、刀が出てきたなんて、ゆき家は長く続いている家系なんですね。

うちは父が次男坊、祖父は三男坊、曽祖父は四男坊で、それぞれ生家から分かれて家を出てますので、我が家の物置小屋を探してみても、骨董品らしきものは何にも出てこないですね。
ちょっとさみしい。
[ 2008/07/28 21:26 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
あんにょんはせよゞ(⌒o⌒ゝ)

ゆきたんコレクション
凄いお宝の山やねぇ(゚c_゚;艸
れぃこゎ伊藤博文の
千円札くらいかな('c_';艸

昔の武将が乗ってた馬って
テレビで観かける
あんなかっこええ馬じゃなくてぇ
ポニーみたいなぁ
短足胴長やったらしいですねぇ (*⌒艸⌒)
でもゆきたんの絵観たらぁ
普通にかっこええ馬どすなぁ
どっちがほんまなんやろ? σ(・ε・*)

錆の赤い部分て
お人の血ぃやろか。。。
[ 2008/07/29 06:42 ] #- [ 編集 ]
はい。うちは代々続いております。
私が当主です。百姓ですが。爆!

代々、分家続きを先祖に持たれた方がよろしいかと思います。
地所も血筋も直系で続くと、たまり溜まった因縁がふきだす場合もありますから。
それはとっても怖いですよ。
内緒で、いえません(笑)が、私はそれを経験しました。
今ある私の実家の地所は、私の代でお終いにしたい。笑!

いつも、訪問ありがとうございまーす。
[ 2008/07/29 11:57 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ようこそ、おこしやすぅ。

今回も(爆)楽しいコメント、ありがとうございまーす!
さっき、ぷりんちゃんのところに行って
れぃこはんのコメントを読ませていただきました。
ちょっと、ふきだしちゃいました。爆!


伊藤博文の千円札は懐かしいですね。
忘れていました。見てみたいです。


>あんなかっこええ馬じゃなくてぇ
>ポニーみたいなぁ短足胴長やったらしいですねぇ

うん。そうだったようですね。
昔の武将は重い鎧をまとっているので
馬の足が、れぃこはんのようなスリムな美脚だと
絶対、骨折すると思うし。
義経のひよどりごえなんか、馬が短足じゃないと絶対に無理だよね。
それにしてもポニーのように地面から肩までの高さが一メートルちょっとの高さで
落馬して亡くなった武将もいたそうですが・・・。
よっぽど打ち所が悪かったんだね。


>錆の赤い部分て
>お人の血ぃやろか。。。

↑↑ 爆×100!

れぃこはん。 爆!
これ、笑っちゃいました。
最後のオチが楽しい!

これがもし、お人の血ぃだったら・・・
私は殺人鬼だね。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
[ 2008/07/29 12:21 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
最近、ごたごたと
忙しくブログの更新を
怠けていました^^
そろそろ復活しようと
思っています・・・
ボチボチやりますね!

ところで、この刀は
年代ものなんでしょうね。
この仁丹を思い出しそうな
絵もすごいですね。。。
[ 2008/07/30 21:53 ] #- [ 編集 ]
お元気そうで何よりです。
休憩も大事ですからね。

脇差は、幕末以降のいわゆる
新々刀ではないようです。
それよりももっと古い、と銘を見て、当時の刀剣屋さんが言ってありました。
刀剣の背は肉厚です。
あまり磨いでいないと思います。
ただ、切っ先がこぼれているのが難点です。

仁丹。
爆!

確かに。

これからもイマジンさんのブログ記事を楽しみにしていまーす!
マイペースを貫いてね!!
[ 2008/07/31 11:58 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */