小学生の頃の作文。汗! 

お盆に実家で、ある探し物をしていたら・・・
私が小学生の頃に宿題で書いていた作文ノートがひょっこり出てきました。
作文能力が劣っている私ですが、読み返すと、もともと作文がヘタクソ。汗!
中を開いて読んでみると(笑)、漢字が少なくて字も雑。そして、こんなことも書いていました。爆!
ちょっと恥ずかしいのですが、以下ご披露します。(≧m≦)ぷっ


作文1 のコピー


「地 獄」

この世の中には人間をはじめ多くの生き物がすんでいますが、仏さまの教えによれば これらのすべての生き物は まったくなくなるのでなく またべつのところに生まれかわっていくそうです。前世の業でこの世に生まれてきたように この世でのごうが いんねんとなって生まれるそうです。
生まれかわり、死にかわりして まよいの生を続けることを輪廻といって、「天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄。」です。これを六道といいます。

P1000028.jpg

死んだあとにこの六道をぬけ出るには、生きているうちに仏さまの教えを守り善い行いにはげむことです。
ぼくはそうしたいんだけど、なかなかできません。
六道の中の地獄は八つあります。それを八大地獄といいます。その地獄を説明します。
死んだあとに はじめに行くのは等活地獄です。
死んで暗い道を歩いていると、りっぱな馬車がきます。
それにのれば火と変化してしまいます。地獄のおむかえです。
えんま大王さまの前に行って、おさばきをうけます。
悪い行いをたくさんすると、地獄で苦しみをさせられますが、善いことと悪いこととをどっちもせぬ人は、生まれかわったら善いことにはげむように八大地獄の苦しさを見せつけられます。
はじめに落ちる所は血の池です。そこで鬼どもに金棒でたたきつけられます。
その少し先を行くと大鳥がたくさんいます。そこでは、つみもない鳥を殺した者がいたら たっぷり苦しみを受けなくてはなりません。
二番目に黒縄地獄。
鬼どもから、のこやかま、おのなどで切り殺されるのです。
そこをまだ少し歩くと、やけた石がたくさん落ちています。
これは、火をそまつにし、火事を出した者が受ける罰です。
そしてその先にはグラグラとわいた油の中に入れさせられます。
その先を行くと谷があります。谷をこさなければ助かりません。
谷をわたるには、ロープ一本だけです。それもロープに乗るには、立っていかねばなりません。
うまくわたられないと、下にどんどんともえたぎった火がまちかまえています。
でも、うまくわたられる少し前で大きなハチがじゃまします。
おちる時に助かることがあるそうです。それは、その人のために、子どもたちなどが法事をしたときです。
そのくようが地獄までとどくからです。
三番目に衆合地獄です。
谷道を歩いて行くと鬼におそわれます。そして谷の穴の中にはいって苦しませられます。
それは、岩がしまり中にいる人は、ぺしゃんこになります。でも風にふかれると、もとどおりになります。
そしてそこを通りすぎると、うすの中に入れられます。そして犬、ねこなどにいじめられます。
これは、いたわることを知らず、自分のことばかりを考える者のおちる罰です。
そしてぬけだして、水に中に飛びこんで向こうの岸へうつろうとする時にも体に火がつきます。
次には叫喚地獄と、大叫喚地獄です。
また鬼に追われて谷の穴の中におちます。穴の戸がしまり、中で火が出ます。
すると戸が開いて、水が飲みたくなります。水に近づくと火にかわります。
このときに仏を信じていたら水を飲めます。
生きているときに、うそをついた人は、この地獄で舌をぬかれます。
もう次からは、うそがつけないようにさせるためです。
焦熱地獄というところがあります。
火がどんどん、もえているところを通っていきます。
この火は自分が自分でまいた、悪ごうの火です。
また歩くと池があります。何人も、その池に飛びこみます。
でも池から、火がもえあがります。今までの火よりも、はるかに強い火です。
火のいきおいで風に飛ばされます。これは業風というそうです。
それは自分が、人にまいた悪ごうです。
飛ばされていると下の強い火の中から、まだ生きている自分の家族が苦しんでいる声が聞こえてきます。
家族の人たちの苦しみの声を聞いて悲しくなり、飛ばされた空の上から火の中へ入っていきます。
でも誰もいません。だましです。
人をだます悪ごうをまくと、自分がだまされます。
八番目 阿鼻地獄。
これはむげんの地獄です。中へはいると、おそろしい虫、ヘビ、鳥、鉄の玉、どろどろにとけたあついものなどが、たくさんです。そこでいちばん何千倍と苦しい所です。
このような八大地ごくに はいらない方ほうは、善い行いにはげむことです。

P1000001.jpg




仏教に関わる、死後の世界について述べてある本を読んでの感想でした。何年生の頃なんだろう。
本のタイトルはまったく覚えていませんが、六道については小学生でも分かるように詳しく書かれてあったと記憶しております。
また私が小さい頃から檀家寺のお坊さんに、六道にまつわる話を少し聞いていたので馴染みがありました!
本の話しの中では、特に地獄界の描写!にインパクトを受けた自分でした。笑!
文章は言い切りで書いています。そういう世界がある、ということを子ども心に信じていたようです。
死んで地獄にでも行ったら、どこまでも鬼と火に追われるんだね。汗!

小学校の頃も今も・・・、関心を持っていることがほぼ同じ。笑!
ぜんぜん成長していません。汗!
私はこの頃からもう既に、自分、自ら洗脳させておりました。爆!

他には、おかしくて吹き出しそうになるのもありましたが、これ以上は恥の上塗り(笑)をしたくないので披露するのは、やめておきます。爆!



_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄



ところで、先生からの朱書きの添削意見で書かれてあるのは、自分の感想が加わっていないので感想文になっていない、とあります。汗!
自分の意見がないんだね。笑!

私のブログも、ある分析!によると、自分の意見が少ないようです。汗!
もっと目立ってもいいと思いますよ!って言われております。詩人を目指します。爆!
↓↓ それは、これ!! goo の通信簿

一般のゆき 

ちょっと失礼なブログ通信簿です。笑! ブログ年齢は29のはずですがっ!

先日、あることで私と同じ疑問を持っている人がいないのか、 goo 質問箱で探していたら偶然これを見つけました。
ご存知ではない方は、お時間が許されるときに試してみてくださ~い!

ここをポチッとして頂くと嬉しいです☆ ⇒ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



煙突のある風景・・・

煙突

これは自宅近所にある、元酒造会社の煙突を早朝に撮った写真です。
煙突って、最近は珍しくなりましたね。





タグ : 未分類



この記事をリンクする?:


[ 2008/08/16 23:00 ] 随 想 | TB(0) | CM(24)
  1. ..
こんばんは~。^^

ゆきさん・・・驚きました!(爆)
これが、現在のゆきさんの記事としてUPしてあっても、おそらく疑わずに(笑)、
私、普通に読んでたと思います。
死後の世界についての本の感想文と聞いて、ちょっとホッとしましたが。>и)

いやぁ、ほんとゆきさんは小学生の頃から一貫してらっしゃいますね。(笑)←笑って失礼ですが。(爆)

>自分の意見がないんだね。笑!
(ノ∀≦。)ノ ん~…。そうじゃなくて昔から、こういうスタイルだったんですね!


煙突のある風景・・・ホント、最近滅多に見られませんもんね。
でも酒造場なんて…撮影場所としても惹かれるなぁ~。(笑)
そういえば、10年くらい前、ウチの近所に昔ながらの銭湯があって、煙突あったのを思い出しました。^^


[ 2008/08/16 23:34 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
ゆきさん、こんばんは^^
我が家の出来事で忙しくお邪魔できず失礼しました(-_-;)
家の出来事よりブログの方が楽しいのですが・・・

何回のゆきさんの作文?読み返してしまいました!
この作文小学校の時、書いた物ですか?凄いですね~
今のゆきさんがあるのが分かるような感じがします

今年も猛暑ですね~お身体気を付けてお過ごし下さい(^^♪
[ 2008/08/17 01:25 ] #- [ 編集 ]
がばい、恥ずかしかですが読んでいただいて、ありがとうございます。


(笑)
昔も今も変わっていない私です。(爆)


>ん~…。そうじゃなくて昔から、こういうスタイルだったんですね!

スタイルね!
そう言ってもらえると、恥ずかしさも半減。(笑)


そんな最近まで銭湯が、ぷりんちゃんちの近くにあったんだね。
今はなくなって、ちょっと残念だね。
ぷりんちゃんだったら、もっとセンスよい煙突の写真が見られたのにね。

お盆休み中のひとときなのに、予約投稿記事にコメントありがとう。

[ 2008/08/17 11:42 ] #- [ 編集 ]
お久しぶりでーす。
記事更新が最近はありませんでしたので、お忙しくされているだろうなぁ。
と思っていました。
お孫さんも夏休みだしね。
お元気そうで何よりです。

>読み返してしまいました!

恥ずかしい。(爆)


落ち着かれたら、また記事を楽しみにしてまーす。
ふみえママも、残暑をお元気にお過ごし下さーい。
コメントありがとうございました。
[ 2008/08/17 11:56 ] #- [ 編集 ]
(* ^ー゚)ノコンニチハ

Σ(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!

小学生の頃ですか・・・・
素晴しい精神ですね・・・
次元の高い小学生だったのですね・
大人と同じ~いえ~それよりは上ですね・・・
本当に素晴しいですね・・・

私はマダマダの精神ですよ~ウフ
少しでも近づきたいですね・・・・( ´ー`)フゥー...

ありがとう♪(#^ー゜)vです
[ 2008/08/17 12:17 ] #- [ 編集 ]
(|||ノ`◎´)ノオオオォォォー!!

しょ・・・小学生!?

その頃からこういった事に深く興味を引かれるお子様だったんですねぇ・・

拍手喝采!(゚◎゚ノノ"☆(゚◎゚ノノ"☆(゚◎゚ノノ"☆パチパチパチ!!!:
[ 2008/08/17 16:40 ] #HIn9vuQ2 [ 編集 ]
ゆきさんの小学生の時の感想文なんだぁ^^
私が小学生の時とエライ違いだわ^^;;
奥深いことに当時から今まで興味を持ち続けるなんて、
本当に出来る事ではないですもん!
極めることは何事にもすばらしいことですね^^
見習わなくっちゃ!  今さら遅すぎですけれど (≧▼≦;)
[ 2008/08/17 18:49 ] #- [ 編集 ]
ばんにゃ♪

ぷぷw
昔の日記とか作文を見つけて読み返すと
そこに自分の基本となるものが見えてくるよねぇ^^;

ゆきさんはゆきさんだなぁと思いながら読みました。
当たり前かもね。
そのために生まれてきたのだもの^^

小さな頃からそれを無意識の中でちゃんと
捉えられていたのですね。
素晴らしいです!
[ 2008/08/17 22:01 ] #- [ 編集 ]
コメントありがとうございまーす。

いえいえ。洗脳されやすい精神です。汗!
今もそうですが。爆!

小学生ですから素直に信じていただけです。笑!
疑問の余地もなく。汗!
こういう人間は、一歩間違ったら、タチの悪い新興宗教に騙されるかも。爆!
今は、私は大人ですから、「信じるもの」というのは、自分が実際に体験を伴って
納得できるものしか信じませんが。

あとで手が空いたら、畑ちゃんのところに訪問しにきますね。
[ 2008/08/18 11:34 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
そうなんです。笑!
もちろん、これにばっかり(笑)、興味があったわけではありませんが
両親が、霊場のお参りとかの方面で信心があって付いて行っていたし
それに、小さい頃からお坊さんの話にも私は興味があったのでね。
おかしな子供でした。汗! 
お盆休みでしたので数日が、ご無沙汰でした。
また後で訪問に来ますね。
[ 2008/08/18 11:35 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメント、いつもありがとうございまーす。

そんな・・・(汗)。見習うことでもありません。
でも、確かに興味は小さい頃からありました。

そういえば、小学生の頃に亡くなった祖母が、地獄を通過(汗)するときに、熱くないようにと49日の間、お坊さんの教えで、生前に着ていた服に、ひしゃくで私が毎日、水をかけていました。
本来は、こんなことはする必要なかったのですが、そうしなさい・・・
と、言われるまま、信じてやっていました。笑!

後で、訪問に来まーす!
よろしくお願いします。
[ 2008/08/18 11:36 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こんちゃー。
これって自分の基本なんだね。
そう考えれば、そんな気がします。ありがとう。
なんでも、かんでも(笑)、「仏さま」というと、興味を示していた人間でした。
今もそうですが。笑!

あおさんも今日からお盆休みを終えて、普通の生活に戻ったのでしょうか。
後で、訪問させてね。コメントありがとう!
[ 2008/08/18 11:37 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
小学生で既に「六道」とは・・・

ゆきさんが、ゆきさんたる所以というか、ゆきさんは、子供の頃からゆきさんだったんですね。

字もすごくうまい!
そして地獄の描写がすごい!
京都の美術館で、ちょうど地獄絵の巻物を見てきたばかりで、まさにそのまんまです。


私はこの頃、どんなものを書いていたのかなあ・・・
夏休みの宿題には必ず読書感想文があったけど、私の本好きは大人になってからなので、苦痛で苦痛で。
なるべく短い話を選んでいた記憶があります。

「車輪の下」とか「若きウェルテルの悩み」とかだったなあ。
でも、中身は子供向けじゃないから、かえって難しかったと今になって思います。

小学校の作文と、大人になってのブログの通信簿、笑わせていただきました^^

ブログのほうは、感想がしっかり入ってると思いますけどね??


[ 2008/08/18 12:25 ] #- [ 編集 ]
>字もすごくうまい!

↑↑これは、ほめすぎ!ですばい。笑


>京都の美術館で、ちょうど地獄絵の巻物を見てきたばかりで、まさにそのまんまです。

夏休みの京都は楽しかったでしょうか!

私もその地獄絵!の巻物を見てみたい。笑!
国宝級のものでしょうね。


>苦痛で苦痛で。

私も同じです。感想文はイヤでした。
宿題だから仕方なく書いていました。


>「車輪の下」とか「若きウェルテルの悩み」とかだったなあ。

すごい! 文学作品ではないですか!
私は文学は、苦手です。汗!
難しかったとはいえ、シエラさんこそ興味の示し方が大人っぽいです!


シエラさんのブログ通信簿を作ってみました。笑!

脚本家を目指しましょう!だって。
それってシエラさんに、ピッタリな感じ。
そしてブログ年齢が29歳だって。
うらやましい。爆!
シエラさんって実年齢もブログ年齢も、すっごく若いんだね。
[ 2008/08/18 13:32 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
>シエラさんって実年齢もブログ年齢も、すっごく若いんだね。
↑太字にしてみた

>シエラさんって実年齢もブログ年齢も、すっごく若いんだね。
↑赤にしてみた


ゆきさんって正直者なんだね(オイオイ)

脚本家ですか、それは今までにない選択肢!
おもしろそうですなぁー


子供の頃から、今ぐらい本を読んでいれば、そういう道もあったかもしれないですね。



[ 2008/08/18 14:40 ] #Wf0XxWeM [ 編集 ]
>↑太字にしてみた

>↑赤にしてみた


シエラさんって実年齢もブログ年齢も、すっごく若いんだね。
↑よかった。こんな打ち消し文字ではなくって。爆!



>ゆきさんって正直者なんだね(オイオイ)

もちろんです。キッパリ!


>子供の頃から、今ぐらい本を読んでいれば、そういう道もあったかもしれないですね。

シエラさんは、これまでのいろいろな経験と読書による知識の引き出しが、いっぱいあるような感じがします。それを使って上手くストーリ作りができて!


ところで・・・
これは誰にも内緒の、ヒソヒソ話ですが・・・(爆!
タコたんのブログ通信簿、見てみたいね。
[ 2008/08/18 15:13 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
オイラの小学生のころの
作文といえば、「美味い物が食べたい」
とか、何とかヒーローになれたらとか^^
レベルが違いますね。。。。
とても小学生が書いた物とは思えません
[ 2008/08/18 16:35 ] #- [ 編集 ]
お久しぶりでーす!
お元気でしたか!!


恐れ入ります。汗!

最初の題名は「地獄と極楽」にしていたようです。
「と極楽」は後で消しゴムで消しております。笑!
作文の字数制限もあり、内容が地獄ばかりで極楽に関する内容が入らなかったようです。爆!

レベルは関係ないです。
ただの陰気臭い少年です。爆!
今もそうですが。汗!
[ 2008/08/18 17:06 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
お盆も終わって、今日から普通に仕事する日日が始まりましたね。

ここにきてお盆の疲れがどっと出てきているのはわたしだけでしょうか?(笑)

ブログの通信簿なんてあるんですね。でもゆきさんのマメ度は4でもいいかも。
コメントするとゆきさんは必ず一人一人にきちんとした返事を書きますもの。
マメな人だなと内心感心していました(^^)。













[ 2008/08/18 19:51 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
こちらこそ、お久しぶりです!

お元気そうで何よりです。
そちらも残暑が厳しいことと思います。
どうぞ、ご自愛くださーい。


>でもゆきさんのマメ度は4でもいいかも。

ありがとうございまーす。
4・・・
光栄です!

ただし、私には語彙力がないので、辺コメは、恥ずかしい限りです。
それでもあきずに、お付き合い頂いて、ありがとうございます!


私のお盆中は、お酒を飲むのが仕事(爆)でして
そのつけが回っています。笑!

[ 2008/08/18 20:20 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
もう1点おまけします!
ゆきさんのマメ度は5です
(^▽^!)/
[ 2008/08/18 21:08 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
>やっぱり5!
>もう1点おまけします!


小学校の頃の通知表は、1と2だけで、5は高嶺の花でした。(爆)


おまけでも、ありがとうございまーす。(笑)

[ 2008/08/18 21:42 ] #- [ 編集 ]
す…すごい……。
小学校の子供がこれだけの文章を書けるなんて…!
これって「感想文」だったのですか?
「作文」なら完璧ですよねっ!

うちの子たち…感想文は大の苦手で…息子は小学校5年の時、夏休みの読書感想文を書く本に「マンガで読む坂本龍馬」みたいな本を借りてきていました…。
マンガ…なんですよ…。
なんたる強者っ!
でもちゃんとした「坂本龍馬」の伝記を借りてきたような顔をして感想文を書きましたけどね。

「ブログ通信簿」…どこかの通りすがりで見たことがあって、そのとき自分もやってみました。
その時々のブログ内容で評価も変わってくるんですよね?
最近ネタないし、コレ使ってみようかな~。
で、それ以前にちょこっと自分の通信簿…見てきます!

………撃沈でした……il||li _| ̄|○ il||li
続きはWEBで………。
[ 2008/08/19 18:10 ] #6XDsbMX2 [ 編集 ]
コメントありがとうございまーす。

いえいえ。恥ずかしいばかりです。汗!

読書感想文は苦手な人は多いです。
生徒に聞くと、夏休みの学校宿題で一番嫌な宿題の一つです。
最後に手をつけるか、一番最初に手をつけるか、と分かれます。
めんどうなんだね。笑!
マンガでもアリだと思いますよ!


さすが、れんさん!です。
ご存知でしたね。

私も、しばらくして、もう一度作ってみようと思っています。


>………撃沈でした……il||li _| ̄|○ il||li
>続きはWEBで………。

わぉ!楽しみにしております!!
↑↑失礼しました。汗

[ 2008/08/19 18:54 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */