お彼岸 

来週は秋のお彼岸ですね。
お彼岸といえば連想する花はやっぱり彼岸花です。
彼岸花は田んぼのあぜ道とかに群生して、あたりを真っ赤に染めているのをよく目にすることができます。

そして昔から埋葬をしていた場所であった、お墓の周りとかにも。
そこで見る花は、なんだか死者の供養を思わせるようなイメージを持ってしまいます。


hibanbana.jpg

雨に濡れた彼岸花。実家の庭にて

★写真をクリックすると大きくなります!
★もう一度クリックすると元に戻ります。


ここまでは写真ブログです。笑!

写真をご覧頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ← こちらをクリックして頂けると嬉しいです。(≧∇≦)


それから・・・汗!
ひとりごとです。
すこし前には、れぃこはん。シエラさん。先日は、ももさんに、ぽんたさん。そして何度も、ぷりんちゃん。それ以前にも他にいらっしゃいます。
せっかく訪問してもらい、自分のヘタな写真や拙文をご覧頂いて・・・

いくら自分が忙しい、自分のブログだからと思ってコメント欄を閉じるのは、改めて考えると自分とブログで仲良くさせて頂いている相手様に対して失礼であり、ちょっとした自分の我儘でした。
それは、あくまでも私だけの思いです。
これからは忙しくても記事更新をしたらコメント欄は開けておきます。
もし、ご覧頂いて感じるものがありましたら、お時間の許される時に今まで通り、ご自由にコメントお待ちしております。
ただ、お返事が今までよりもペースが遅くなるかも知れませんが、その点は宜しくお願い致します。m(_ _)m ペコリ



そして以下、スピリチュアル系になります!

ご興味ございましたら、引き続きお付き合い下さい。



***************************************************



「彼岸」とは「かの岸」とも読めます。
ご存知の方もあると思いますが、彼岸という文字の根拠を少しばかりご紹介させて頂きます。

これはもちろん、仏典に由来する言葉です。皆さんの誰もが、一度は部分的にも聞いたことがある般若心経です。
(テレビドラマ!などの葬式の場面で、坊さんが詠んでいるお経はだいたいこれです。笑)

般若心経の末尾に彼岸について出てまいります。般若心経の末尾をあげてみます。
 
是無上呪(ぜ む じょう しゅ) 是無等等呪(ぜ む とう どう しゅ)
能除一切苦真実不虚(のう じょ いっ さい く しん じつ ふ こ)
故説般若波羅蜜多呪(こ せつ はん にゃ は ら みつ た しゅ)
即説呪日(そく せつ しゅ わっ) 羯諦羯諦(ぎゃ てい ぎゃ てい) 
波羅羯諦(は ら ぎゃ てい) 波羅僧羯諦(は ら そう ぎゃ てい) 
菩提薩婆訶(ぼ じ そ わ か) 般若心経(はん にゃ しん ぎょう) 



ではここからは、私が以前に親交させて頂いた、岩手県にお住まいでありました故田口恒勇氏が作成された冊子を元に引用させて頂きます。
この冊子の冒頭には、高橋信次先生の原説般若心経の続編であると記載されています。

(※『原説般若心経』の著書とは別に、当時の月刊GLA誌で連載されていた文章を、故田口恒勇氏が冊子にされたものです。)


高橋信次先生のことばによる「序文」、最後には「あとがき」もあります。




「高橋信次先生による般若心経のまとめ」  編集 田口恒勇

―中略―

釈迦は、36才で悟った。
悟ることによって、現象の奥に隠された一切の道理を知った。そうして、よどみなくあふれる智慧によって、多くの衆生を導いていった。36年間の経験だけではこうはいかない。偉大なる悟りを得、心の窓を開き、過去世の集積された経験と全能の智慧が、正法流布の大事業を完成させたのである。

是無上呪(ぜ む じょう しゅ)とは、これ以上のものはないというのであり、
是無等等呪(ぜ む とう どう しゅ)は、釈迦の悟りは他と比較するものがない、という意味である。
能除一切苦真実不虚(のう じょ いっ さい く しん じつ ふ こ)とは、生老病死という一切の苦しみから解き放たれ、それは中身のある真実なものなのだ、とここではいっている。

釈迦の悟りは、余人は近づけない。経験しないものはわからない。わからないだけに、第三者はつい、疑ってかかる。
そこで般若心経は、その境地を、いたるところで繰り返し述べている。本物はこっちだ。迷ってはいけない。釈迦の悟りとはこうだよと、その半分近くの文字は、悟りの中身をさまざまな角度から述べているのである。

羯諦(ぎゃてい)とは古代インド語でガーテというが、この意味は「岸」ということである。
釈迦は、ガンガー(ガンジス)の川を背にして、よく説法をした。また、説法の中に、人間の苦悩と悟りを、川をはさんだ両岸をたとえて話した。

中インドから北にかけて、文明が栄えた。古代でも哲学、文学、技術、科学の分野が進み、東西両文明に影響を与えている。ことに冶金、天文、医学、数学などの諸分野は、世界的水準に達しており、五世紀頃には代数が発達して、ゼロ、負数、二次方程式などが考案され、十五世紀には微分、塁乗級数展開などが考案され、西洋文明に大きな影響を与えたのである。
また舞踏や音楽なども、その一つだろう。
ところが当時のインドは、カースト制度がきびしく、こうした文明に参画できる者は、ほんの少数の人々であったのである。
このため、大部分の人は無学文盲であり、ゴーダマ・ブッタ(釈迦)は自然の状況をとらえて、説法していったのである。
またブッタ・ストラー(釈迦の法)は、大自然の法が目的であり、「自然と人間」との関係を明らかにするのが根本なので、学問に関係なく、誰にも理解できた。
しかしもともと学問そのものも、「自然と人間」を知る手だてとして盛んになってきたものであり、芸術や文学も、自然や人間を、いかに客観的にその真実を表現するかにあるのであり、したがって学問があろうとなかろうと、人間であれば、ブッタ・ストラーは理解できるものであった。
現在のインドは六月から十月が雨期に当たり、十一月から五月が乾期になる。三月から五月はいわゆるモンスーン気候といわれ、暑熱の時期に入るようだ。
当時も、雨期ともなれば、ガンガー川は満水となり、対岸に渡ることができなくなる。
人が住み、平地の多いこちらの岸は、雨期が半ば過ぎになると食べ物が少なくなり、食糧難に陥ってくる。
対岸である彼岸は緑が多く、マンゴの実や他の果物が沢山なっているが、川が増水しているためにそれを取りに行くことができない。
ブッタは、それをたとえて、こちらの岸を苦界とよび、対岸である彼(か)の岸を悟りの境涯として説いた。
また川の水は深いところは静かに流れ、浅瀬は流れが激しく、ざわざわしている。
人の心も、五官にとらわれると雑音が激しく、落ち着きがなくなる。深い心、つまり潜在意識に同通している人の心は、守護・指導霊の導きがあるので、諸現象の動きにまどわされることなく、平静であると説いた。

クシナガラの地で、八十余年の生涯を閉じようとするブッタの下に、シュバリダというバラモン教出身の最後の弟子がみえる。
そのときブッタは、シュバリダにこういった。
「グリグドラクターの修行場は天変地異によって大きな亀裂を生じ、幾日も幾日も豪雨に見舞われた。その裂け目に雨水が流れ込み、川となった。片方の岸は広々と開けていたが、一方の岸は峻厳(しゅんげん)な山にさえぎられ、逃げ場を失った動物達が右往左往していた。一匹の巨象が広々とした向こう岸に渡ろうとあたりを見まわしていた。巨象はしばらくたたずんでいたが、遂に裂け目に我が巨体をすべらせ、己の体を橋代わりにして、小さな動物達を救った。巨象は力尽きて、自らの巨体は裂け目の底に沈んでいった。いま、自分は四十五年の間、迷える衆生にいろいろと悟りの道を説いてきたが、さらにこの老体を足場として悟りの彼岸へ導いてやりたい」
言い終わると、ブッタは静かに瞼を閉じた。
ブッタは、最後の瞬間まで自然の中で生活し、人びとに慈悲を説いたのである。
神の心は慈悲である。慈悲の心は衆生済度の心しかないのである。
私たちは、地球という大神殿、つまり神の体のなかで生活している。地上という大地も、水も、空気も、陽の光も、私たちに生きるに必要な環境を、神は無償で提供している。この事実を知らなくてはなるまい。この事実を悟らなくてはいけないのだ。


羯諦羯諦(ぎゃ てい ぎゃ てい) 波羅羯諦(は ら ぎゃ てい) 波羅僧羯諦(は ら そう ぎゃ てい) 菩提薩婆訶(ぼ じ そ わ か) 般若心経(はん にゃ しん ぎょう)

「岸だ、岸だ、向こうの岸に到達するのだ。仏弟子達が向こうの岸へ到達し、悟りに達すれば、すべてが調和され成就する。調和の姿こそ般若心経なのだ」

仏弟子というと特殊な階級を意味するが、本来は地球人類を指している。
特殊な修行をし、行を積まなければならないというものでは本来ない。
行を積むという意識は、人間が長い転生輪廻の過程において積み重ねた業があるために、神の子の自分を忘れた考えから生ずるそれが言わしめるのである。

彼岸とは、神の子のふるさとである。そのふるさとを忘れているのである。
正法は誰のためでもない、皆自分のためにあるのだ。
仏教というと堅苦しく、難しいもののように聞こえるし、実際に中国を経て来た経文を見ると、たしかに何が書いてあるのか解らない。
解らないはずである。そのほとんどは梵語が漢字の当て字になってしまったため、文字の解釈を追及すると何をいっているのか、迷路にはまりこんでしまうからである。



※続きは次回に更新します。

その続きとは「彼岸」のことばの意味からすれば少しばかりかけ離れますが、高橋信次先生が書かれたものをブログで紹介させて頂く目的です。

長文をご覧頂き、ありがとうございました。



テーマ : 季節の花たち - ジャンル : 写真

タグ : GLA誌に連載:般若心経解説



この記事をリンクする?:


[ 2008/09/17 18:55 ] 随 想 | TB(0) | CM(14)
  1. ..
彼岸花ってそちらでは群生してるんですねぇ・・
こちらでは、そういう風景は見かねないです

何者にも染まらないような真っ赤な色合いが素敵ですよね

コメント欄についてのゆきさんの考え・・。
個人的にはそれぞれ楽しむ場ですから
ご自分の事情に合わせてコメント欄を
閉じられるのはゼンゼンOkと思いますが


凄く真っ直ぐなゆきさんらしいなぁと
思いながら拝見しました

(*-.-)ヾ(´◎`*)なでこなでこ


仏教や、お経には関してはゼンゼン分からないのですが^^;
般若心経を聞いた入り唱えたりすると
何となく心が落ち着くきがしますよね・・
[ 2008/09/17 19:29 ] #DrH1W/lI [ 編集 ]
こんばんは♪
彼岸花、しっとりしとして美しい赤ですね。
クリック拡大して見ると、雨のしずくがとてもきれい!
バックのグリーンの苔がまた、引き立て役にもなってるような♪
これも技アリなのかしら。 ←最近なんでもそう思うようになってきた・笑!

コメントの件、了解です。^^
お返事も更新も、ゆきさんペースで、どうぞムリなくやっていかれて
下さいね!(*^0^*)


彼岸という文字の由来…仏様に関係はあるだろう くらいは
思っていた私でしたが。。。深いお話しですね。

>ゴーダマ・ブッタ(釈迦)は自然の状況をとらえて、説法していったのである。
確かに・・・
書いてあるような例えだと、無学な私にも分かりやすかったです。

ありがとうございます。



[ 2008/09/17 19:55 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
ばんにゃ♪

コメント欄開けてもらえてよかったです^^
お返事もらえてももらえなくても
伝えたいことがある・・・。
そんな想いを持つことはありますから・・・^^
閉じられていた時はぽちに気持ちを込めていましたけど♪

彼岸花、北海道では見かけません。
独特の雰囲気のある花ですよね。

今の世の中、上辺ばかりを大事にしすぎる
きらいがありますよね。
どうして人は掘り下げることをヨシとしないように
なってしまったのでしょうか。

ゆきさんが書かれているようにお経は当て字。
そのものを読んでも意味不明ですよね。
何のためのお経なのか。
今の住職は何を伝えたいと願っているのか。

南無・・・帰依すること。
いつでも原点に立ち返り、歩いてゆきたいですね^^
[ 2008/09/17 22:12 ] #- [ 編集 ]
とても色鮮やかな彼岸花ですね。

実は昔、信次先生の著作の内容を、岩波文庫などから出ている仏典の現代語訳の本などに当たっていろいろ調べたりしたことがあるんですね。

詳しく述べませんが、内容的に一致しないところがたくさんあります。調べれば調べるほどどんどん出てくる。
そうなると信次先生の霊能力の正確さを疑わざるを得ないわけで、若い頃の私はこれにはとても悩みました。

信次先生の教えは正統な仏教というよりも、仏教的な装いをこらしたオリジナルな教えと理解するのが一番納得がいきます。

信次先生の霊能力の正確さはあまり重要ではなく、大切なのはその教えが自分の心の支えになるかどうかなのだと思います。

「原説般若心経」についても、これを読んで般若心経について正しく理解したつもりになるのではなくて、

般若心経のことはひとまず脇に置いて信次先生が人々に伝えたかったこと、その主旨を理解することが大事だと思います。

ちなみに「羯諦(ガーテ)」は「岸」というのは間違いで「行く」という動詞の名詞形です。
「波羅(パーラ)」が「向こう岸」と言う意味です。
「僧」とあるのは仏弟子のことではなく「sam」というサンスクリット語の音写で「全く」とか「完全に」という意味です。

誤訳と言えば、それまでですが、信次先生が本当に言いたかったことは「地球人類が悟りに達すれば、すべてが調和され、成就する」ということでしょう。

すでに仏教を超えてますよね(^。^!)。

[ 2008/09/17 23:14 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
もう彼岸花の時期なんですね。
彼岸花ってちゃ~んと毎年お彼岸の頃に咲いて…、これだけ異常気象になっても、ちゃんと自分の咲く時期をわかってるんですね。

彼岸花…好きなんですけど、子供の頃の刷り込みがどうもコワイ花で…。
よく摘んで帰ってたんですが、そのたびに母に「手が腐るから摘んだらあかん!」とかって言われてたんです。
私たちの方(私の実家だけ??)では「てくされ(手腐れ)」っても言うんです。
毒性があるので触るな…って言う意味が込められてるんでしょうね。

あんまりいい呼び方をされない彼岸花のようですが、「曼珠沙華」って書くと仏教色プンプン(←変な言い方ですみません…)で、お彼岸の花にはピッタリです!

般若心経と言えば…子供の頃に絵の書いてある般若心経の本を見たことがあり、それがおもしろくて、楽しくってまるで絵本を読むように見入っていたことがあります。
[ 2008/09/17 23:31 ] #6XDsbMX2 [ 編集 ]
北海道って、そうなんですね。
こちらでは田んぼの畦には、畦に沿って直線状にずらりと並びます。
遠くからでもかなり目立つ風景です。
田んぼの持ち主さんが育ててあるのかどうかは分かりません。
もう少し日が経たないと、こちらではその風景は見られません。
カメラで今度、撮ってみますね!


> (*-.-)ヾ(´◎`*)なでこなでこ

ぽにょぽにょしてキモチいいです!!


私もずいぶん以前は、お坊さんから般若心経は仏さまの前であげることは功徳になると教えられてあげていました。
他に写経を勧める方もいますよね。
自分にとって何であれ、何か落ち着けるものがあれば、それが一番。

コメントありがとうございます!
[ 2008/09/18 17:57 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
拡大でも見ていただいて、ありがとう。(≧∇≦)
ちょうど写している時には雨でした。傘をさしながら撮りました。
設定は特に技とかではありません。
絞り優先モードで撮りました。
それから画質調整ではコントラスト、彩度、シャープネスなどを濃くなるようにしております。
ちょっと、くっきりしすぎです。笑


人と自然は切っても切り離せないし、自然の法則にそって生きるよう神が仕向けているんだろうと思います。
それにそった人の生きる道というものを教えて頂くと、すんなり納得できます。


> ←最近なんでもそう思うようになってきた・笑!

もっと技がみがけたらいいけれど(笑)、あれこれ調整をしていると??になります。


はい。更新、コメントはムリなくさせて頂きまーす! ありがとう。

[ 2008/09/18 17:58 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ばんにゃー。
ありがとうございまーす!
これからも、お時間が許される時には、コメントよろしくお願いします。


>閉じられていた時はぽちに気持ちを込めていましたけど♪

あおさん。ポチッといつもありがとう。
私も訪問した時には、ポチは忘れておりませんよ~


タコたんも書いてあったんですが北海道では見かけない花なんですね。
特にあおさんのお住まいの所は北よりだからなんでしょうね。
彼岸花、見ていただいて良かったです!


上辺ばかり・・・ありますよね。なぜなんだろう。
自分も注意しなくっちゃ。

原点、とても大事だと思います。何かの事を始めた時の新鮮な気持ち、初心は大事にしたいです。
そして難しくなった仏教、その原点を現代によみがえったものを目にすることができて私は幸運だと思います。
帰依=信ですね。

[ 2008/09/18 17:59 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
訪問ありがとうございまーす。
はい。とってもキツイくらいに赤く撮れています!

ぽんたさんのお考え、述べて頂いてありがとうございます。
だいぶ、悩まれたようですね。
般若心経は宗派によってはビミョウに訳が違うところがありますね。

しかし、ご自分の納得のいかれるような理解、それが見つかって良かったと思います。

高橋信次先生に対して、ぽんたさんがかつて感じていらっしゃったことは、ぽんたさんだけではないようですよ。
不一致に対する疑問、字面などに、はまり込んでしまうと抜け出せない方がいらっしゃいます。
高橋信次検証の類のサイトでは、信次先生が書いたこととか話したことを細かく分析して、その結果の矛盾について揚げ足以上の、もっと凄いことを書いている方があります。
どの世界でも影響力が強い人間が出てくると、良かれ悪かれ、いろいろな批判は飛び交うのも普通です。
私は信次先生のそばで、長年接して来てある方の、信次先生のお人柄などのお話も直接、伺っております。
ここでは申し上げませんが言葉の誤解を生む一つの原因は、信次先生ご自身のお人柄(悪い意味ではなく)にもあるかなぁ。と、検証サイトを読みながら、そう考えたことがあります。


私が思うには霊能力は欠かせないと思います。
私が霊能力を持つのではなく、信次先生のずば抜けた霊能力です。
人生や社会に対して支えになる、一つのまとまった考えや意見は霊能力は必要ないし関係ありません。

ここからは「信」に、かかってきますが・・・
信次先生の教えが素晴らしいのは、この世とあの世の実相を見聞してきた上で、「神」の世界から見た価値観。現代宗教の矛盾も突かれ、そして大自然と人間の在り方を説かれ、それを証明された方です。
そして大きな功績は仏教の原点を説かれたことだと思います。
今でこそ、イエス・キリストの教えを否定する人は少ないと思います。
当時はイエス・キリストも霊的な能力も使って、自分の教えの正しさを現証として弟子達に見せました。
しかし、心から神の世界を、イエス様の教えを信じていた使徒は少なかったようです。「信」がどっかにいっちゃって、自分の身を案じ逮捕されるのを恐れて、問われても自分が弟子だとは名乗りませんでした。

自分と違う、人それぞれ想いがあります。千差万別だから対人関係が難しい分、面白いですよね。
信次先生の教えや霊能力について疑問を持たれる方があると、その方の話を聞きたくなります。論戦するつもりは毛頭ありません。話が、どぎつかったらイヤですが。笑!
でも、その都度、私自身、自分の「信」について、ふと考えさせられる機会でもあり、良い刺激になります。

だらだらとした返事でした。
コメントありがとうございました。
[ 2008/09/18 18:01 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こちらは、ぼちぼち咲いています。
そうですね。植物の体内時計はすごいと思います。
れんさんと同じ。うちも彼岸花をお墓まいりのときなどに墓に咲いているのを触ろうとしたら、大目玉でした。笑!
おもしろいですね。「てくされ」っていうんですね。
れんさんが彼岸花を摘んできて、ふてくされているのを想像中!
彼岸花の茎を切ると白い汁が出ますが、それに毒があると聞いたことがあります。
本当かどうかは確かめていませんが。汗


>「曼珠沙華」って書くと仏教色プンプン(←変な言い方ですみません…)

いえいえ。そんなことはありません。
私もタイトルを彼岸花にしようか、曼珠沙華にしようか、ちょっと考えました。笑!
でもこちらでは、曼珠沙華とは言わないので彼岸花にしております。


子どもの頃、仏教にも関心があったんですね。
おもしろい本に出会えて良かったですね。

れんさんのところも、彼岸花がそろそろ咲き出す頃ですよね。
きっと素敵な写真が撮れるでしょうね。ブログ楽しみにしています。

[ 2008/09/18 18:01 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こんばんは!

会社のPCだと、写真の鮮やかさが今一つなのよね。
やっぱり自宅のPCで見たほうが、ずーーっと綺麗だわー。


彼岸花は、以前は好きな花ではありませんでした。やはり何か意味ありげな雰囲気があるからでしょうか。
最近、彼岸花を見つけると、足を止めます。


川の深いところでは流れがゆっくりで、浅い場所ではザワザワとしている。

これには唸りました。

本当に、人間もそうですね。
子供の頃は、大人になりたくて必死だった。
大人になると、今度は深くなりたくなるんですよね。


コメント欄のこと、よくわかりました。
忙しい時、コメント返しができないのに、コメントが来ていると、気持ちが焦ってしまうのですね。
すぐにお返事したい、と思ってくださるからでしょう。

私もつい、長いコメントになってしまうことが多くて^^

ゆきさんが、一番心やすらかにいられる形にしていてください。それが私にとっても一番ですから。

ゆきさんの、そういうところもとっても好きです。

[ 2008/09/18 20:20 ] #- [ 編集 ]
会社でも、そしてご自宅でも写真を見ていただき嬉しいでーす♪
ありがとうございます。
去年も彼岸花を携帯で撮りましたが、こんなに鮮やかには撮れませんでした。

彼岸花は人それぞれ、いろいろな想いがある花のようですね。
ハワイには彼岸花ってないよね。
シエラさんのダーリンだったら、たとえば小さい頃の彼岸花に接するときの親の影響もないと思うので、どんな花に見えるのだろう。
もしかして、炎のように情熱的な南国に咲く花のように見えるのかも!



信次先生の書かれたものを紹介させて頂いて、何か少しでも感じるもの、刺激があったなら、とても嬉しいです。


私からの辺コメについては、極力これまで通りにのタイミングで返したいとは思っていますが、ムリしたら長く続かないのでマイペースでやっていきます。解って頂けてありがたいです。


>私もつい、長いコメントになってしまうことが多くて^^

シエラさんのお時間が許されるのであれば、 これからも今まで通りにシエラさんの長い心のこもったコメント、いつも楽しみにしております。


そして・・・

(v_v。)ポっ

↑↑他にちょうどいい顔文字がなかったんで、ぷりんちゃんから勝手に(笑)借りてきました!


[ 2008/09/19 00:11 ] #- [ 編集 ]
お彼岸花・・・曼珠沙華
幼い頃、山口百恵の歌で興味を
持った花ですよ。。。

コメント返しは意外と時間が
かかるし、帰したくても日が過ぎてしまうと
申し訳なくって、自分も何度か閉じたことが
ありました。
でも、無理しないでくださいね!
[ 2008/09/19 09:49 ] #- [ 編集 ]
訪問ありがとうございます。

私も好きな歌でした!

♪マンジューシャカ 恋する女は
マンジューシャカ 罪作り
白い花さえ 真紅に染める♪

でしたね。


>幼い頃、

えっ  Σ( ̄□ ̄;)

ということは、私とはずいぶん歳の差があるような・・・


はい。お気遣いありがとうございます。
イマジンさんもそういうことがあったんですね。
とにかく、イマジンさんがおっしゃるとおり、忙しい合間をみて、ムリしないでブログを楽しみます!

コメントありがとうございました。

[ 2008/09/19 11:07 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */