秋の夜桜 

夜の秋桜です。まだまだ頑張って綺麗に咲いています♪

夜のコスモス

↑↑拡大しては見ないでね。かなりピントがずれております。爆!
夜だから仕方ありません。(という、いいわけ。汗)



前記事、「般若心経のまとめ」の続きです。今回からその本文に入ります。
以下、紹介させて頂きます。転載です。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


観自在菩薩(かんじざいぼさつ) 行深般若波羅蜜多時(ぎょうじんはんにゃはらみったじ) 
照見五蘊皆空(しょうけんごうんかいくう) 度一切苦厄(どいっさいくやく) 
舎利子(しゃりし) 
 

この意味は、一般の立場からみると、その行(生活行為)が深まっていくと、五蘊(ごうん=色、受、想、行、識)は皆空なり、と観ぜられ、一切の苦厄から離れることができる。即ち、波羅蜜多(はらみった=彼岸)の般若(はんにゃ=無限の智慧)、観自在菩薩の境涯に至ることができる、ということになる。
観自在(かんじざい)という言葉は、ヴェダーやウパニシャドの経典に「アポロキティ・シュバラー」として載っており、その意味は、過去、現在、未来の三世を自在に見ることのできる超能力のことである。
ところで、ここでいっている観自在菩薩は、仏陀を脳裏に描きながら、仏陀を指していっているのである。このため、その解釈は、大分ちがってくるのである。
仏陀が、般若の智慧をもって行じる(法話する)時は、五蘊(五官六根)に迷う衆生は、その迷いからさめ光明世界(皆空)に、第一歩(度一切苦厄)を印することができた、ということになるのである。

さて、行深般若波羅蜜多について考えてみよう。
いったい般若の智慧とは、どうすれば得られるか、深く行ずるといって、何をどう行ずればよいのか、と誰しも疑問をもたれるであろう。
ふつう「行」というと、厳しい肉体行を考えてしまう。二千五百余年前のインドでも、肉体をいじめることによって、悟れると考えられた。バラモンも、ヨガも、拝火教にしても、必ず、厳しい肉体行がついて回った。
釈迦の弟子のなかにも、色情の心を絶つために肉体の一部を切り落とした者もいたほどであった。
しかし、肉体の一部を切り落としても、その想念が色情に包まれていれば、意味がない。肉体は悟りの大事な因子であり、これが損なわれれば精神も不健康になってくる。
肉体と精神というものは、現象界にある間は、不可分の関係にあって、どちらも大事にしなければならない。
もちろん、正道を知って、自分の意思なり肉体を試す意味での肉体行は、決して悪いことではない。
しかし、正道を知らずして、肉体遠離(にくたいおんり)の考えだけで、悟れると思ったら、大間違いである。行者の末路が尋常でないのも、正道を知らずして空観(くうかん)のみを求めるために、魔に浸(おか)されるからである。
「行」とは、生活である。調和をめざした生活行為を「行」というのである。
大自然は調和されている。そうして永遠の調和をめざして、春夏秋冬の「行」を行じている。
正道は、こうした大自然の「行」を教典として成り立っており、生活行為を離れては「行」は存在しないのである。

弦の音は、強くしめれば糸は切れ
弦の音は、弱くては音色が悪い
弦の音は、中ほどに締めて音色がよい
弦の音に 合わせて踊れ 踊れや踊れ

この唄を耳にしたとき、ゴーダマ・シッタルダー(釈迦)は、過去六年の肉体行に決別した。
中道こそ、人の道であり、自然に即した生き方である、と悟ったのである。
この唄をきいてから、ゴーダマは生臭い牛乳も口にした。これをみた五人のクシャトリヤは、ゴーダマは「行」を捨てたといって離れてゆく。
しかしゴーダマは、その信ずるところにしたがって、その後は、栄養になるものは、何でも口にした。そうして、骨と皮とになった肉体の回復をはかっていった。

中道とは、調和であり、右にも、左にも偏らない想念と行為である。すなわち、正しい想念行為(八正道)が、弦の音色をよくすることを知ったのである。
このように中道の精神は、肉体と精神、あの世とこの世についてもいえるのであり、五官六根に執着した肉体保存のみの考え方では、人間は悟れないのである。勿論、あの世については、普通はわからない。しかし、肉体と精神というものが個々バラバラには存在していないし、両者のバランスのとれた状態が、もっとも気分を爽快にし、能率を高めるとは、誰しも経験するところであり、そうしたバランスのとれた状態を続けることによって、やがて、その奥にかくされた、あの世とこの世の関係というものが、明らかにされてくるのである。
観自在の心は、こうした正道に適った生活、反省による日常生活のバランスと執着を絶つことが大きな前提としていることを、ここではいっているのである。
ここで執着について考えてみると、大抵の人は、執着を絶てば、人間は生きていけない、と思っているようだ。
ところが、生きる、ということと、執着とは、次元の異なった想念なのである。
執着とは、とらわれであり、生きるとは、調和なのである。
とらわれるとは、これは俺のものだ、俺はこれこれのことをした、あの子は私のものだ、金がすべてだ、地位が高ければ肩身が広い、といった想念である。
こうした想念が自分を支配してしまうと、その自由な心を自分がしばってしまい、苦しみが始まる。腹を痛めた子がそばにいないと悲しいし、地位が低いと肩身が狭く感じてくる。
自分の心を大きくし、安らぎのあるものにするには、こうした執着を絶たねば、いつになっても心の重荷は取れないし、悟ることはできないのである。

では、生きるためにはどうすればいいか。この地上の目的は調和にある。万生万物を調和させるために、人間は、この世に生を得ている。大自然は、その生命を維持するために、我々人間に、必要なものを与えている。これは俺のものだ、ここからここまでは俺の地所だと肩意地を張るから、争いが生じてくる。足ることを知らないからなのである。
生きるに必要なものは、神は平等に与えているのだから、その心にしたがった生活を送れば、何の不足も、不満も生じてはこないはずである。執着を持たなくとも、人間は立派に生きて行けるのである。建設もできるのである。建設と執着は別物である。この点を混同すると、執着がないと生きてゆけない、という想念に支配されてしまう。

このように心を軽くするには、まず、その一つひとつの執着の根を外してゆくことである。とらわれをなくして行くことが大事である。そうすると、中道の心が次第に明瞭になってき、観自在心(かんじざいしん)に到達することができるのである。
照見五蘊皆空 度一切苦厄の五蘊とは、色、受、想、行、識の五つをいっているのであり、その根源は、五官六根であるところの、眼、耳、鼻、舌、身、意である。
まず色(しき)とは、現象世界のこの世であり、受とは、それを受け入れる感覚、想とは、その感覚にもとづいた想念、行とは、それの想念行為、識とは、そうした想念行為から生まれた業想念、考え方を指す。
こうした想念と行為というものは、とりもなおさず五官六根から生まれるのである。五官六根がなければ、五蘊の発生する余地がない。したがって五官六根こそ問題であり、生老病死の苦悩も、ここから出てくるわけである。
肉体は人生行路の大事な舟であり、五官がなければ現象界での生活はできない。
問題は、これに意(想念)が加わり、その意は、色、受、想、行、識というものを形作っているために、煩悩にふりまわされてしまう。

五官六根の浄化は、これまでいろいろな面から繰り返し述べているように、中道を根本とした生活、つまり想念と行為の中道化、それは八正道にもとづく実践と反省によって進められてくるわけである。

ここで「舎利子(しゃりし)」という言葉が出てくる。舎利子とは釈迦の弟子シャリー・プトラーのことである。観自在心について釈迦が、その弟子の舎利仏(しゃりほつ=シャリー・プトラー)に、五蘊を含めて、その意味を説明しているが、舎利仏が舎利子に変化したのは、舎利仏は仏弟子の代表格であり、さらにここでは「諸々の衆生よ」という意味も込めているため、舎利子となったのである。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上。

ご覧頂きまして、ありがとうございます。
続きは、また今度ご紹介させて頂きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ← こちらをクリックして頂けると嬉しいです。(≧∇≦)




ところで・・・NECのPC98シリーズ。爆!

PC9801_20081106203220.jpg

今となっては化石みたいなDosパソコンです。笑!
HDを起動したらディスプレイ左下のスタートボタンなどはなくて、すべてコマンド入力です。
職場で、かつて使っていたものです。現在も職場の一角に鎮座しております。
もちろん、日常では使っていません。っつうか、使いようがない。笑!
たまに電源を入れて、動くかどうかを確かめていますが、プリンターもモニタもHDも健在。
ワープロソフトは一太郎Ver.2。爆!
当時の新機種でしたがメディアはフロッピーディスクのみ。
ダイヤルアップだったんで電話回線に接続するたびに通話料が気になっていました。
もちろん、そんな状態だから趣味でインターネットサーフィンなんて高嶺の花。爆!
というか、その当時は今みたいに、あまりHPとかは普及していなかったと思う。

これは仕事でPCがどうしても必要だったので買いました。
購入したのが平成2年でした。当時のパソコンはボッタクリみたいに高すぎ。笑!
プリンター、モデムも一式含めて価格が77万円。汗!
処分したいんだけれど、もったいなくて処分できない。貧乏性な私です。爆!



テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル : 心と身体

タグ : GLA誌に連載:般若心経解説



この記事をリンクする?:


[ 2008/11/06 21:39 ] 随 想 | TB(0) | CM(23)
  1. ..
こんばんは.。.:*・゜☆
「秋の夜桜」とは、素敵な表現です。^^
夜コスモスも、とても雰囲気がありますね。

平地では、まだ結構咲いてるようでウチの近所のコスモスも
イキイキと旬(笑)、のようです。
[ 2008/11/07 00:25 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
ぷりんちゃん!
訪問ありがとう。

そして、素敵だなんて照れちゃいます♪

久しぶりに時間ができて、ゆっくり、深夜の徘徊写真。爆!
ほめていただいて嬉しいです!


>平地では、まだ結構咲いてるようでウチの近所のコスモスもイキイキと旬(笑)、のようです。

去年、私がコスモスの花を遅い時期に載せたときも、ぷりんちゃんから似たような会話があったよね。

そういえば、今年はふたみがうらで、のこのしまはなかったね。

コメントありがとう。
[ 2008/11/07 01:42 ] #- [ 編集 ]
拡大して見るなと言われれば見たくなるのが
人の世の常でございますねぇ・・(¬◎¬*)ウププ

肉体の一部を切り落とす修行なんてあったんですね
((;゚◎゚)ガクガクブルブル
そこまでするとは・・・
[ 2008/11/07 12:43 ] #HIn9vuQ2 [ 編集 ]
タコたーん!

写真見ていただいて、ありがとう。
爆!
そうだよね。見るな、といえば見たくなる。私も同じです。
ちょっとはずかしいかも。笑

そして、長文もご覧いただいて嬉しいです。
肉体の一部を切り落とすなんて大間違いのようですね。
しかし、それだけにその方は真剣そのものだったんでしょうね。
はやまるのは恐いことです。

というつつ、私も一部を切り取っちゃいました。
私のではなく、タコたんのを。爆!

深夜、幽体離脱して北海道に行って、タコたんの眠っている横でお酒飲んでいたのをタコたんは知らないでしょう? 爆×5!
お酒のつまみがなくなったので、こそっと、かわいいタコたんの赤い足を一本切り落として醤油につけて、むにゃむにゃ。爆×10!
すると見る見るうちにニョキニョキとまた、タコたんの足が元通りに生えてきたよ。爆×15!


つまらない話しでした。爆×100!


訪問とコメントありがとう♪
[ 2008/11/07 14:16 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメント欄にブログの画像が張り付いてる!!
これって凄い!!!

>深夜、幽体離脱して北海道に行って、タコたんの眠っている横でお酒飲んでいたのをタコたんは知らないでしょう? 爆×5!
>お酒のつまみがなくなったので、こそっと、かわいいタコたんの赤い足を一本切り落として醤油につけて、むにゃむにゃ。爆×10!
>すると見る見るうちにニョキニョキとまた、タコたんの足が元通りに生えてきたよ。爆×15!

エェッ!?(* ◎ )~~~~~~~~ ゚ ゚

私のぶっとい足をたべたのですか!?
よく咽に詰まらせなかったですねぇ
よかったです~(笑)
あ~時々吸盤に毒が塗ってある事もありますので
ご注意下さいねヾ(≧◎≦)ノうひょひょ
[ 2008/11/07 16:54 ] #HIn9vuQ2 [ 編集 ]
>コメント欄にブログの画像が張り付いてる!!
>これって凄い!!!

ありがとう。でも本当はね(笑)これは、はずしたいんですぅ。
コメント欄を開くたびにURLを取りに行くからコメント欄の表示が遅くなってしまっています。ただでさえ、私のブログは重いのに。笑!
HTMLのどこかに、それを命令しているのがあるはずなのですが、探し出せない。爆!

ぶっとい(笑)足は食べがいがありました。
タコたんの吸盤は特に美味しかったよ。
フグみたいにピリッとしましたが、そのビミョウな毒が魅力なんだよね。
タコたんの毒舌も魅力。爆!←まっかなジョウダンですぅ。
怒らないでね。
体育館の裏へ、タコたんから呼び出しをくらいそう。爆×10!
↑↑期待しているかも。爆×15!

タコたーん! つまんないことに、からんでくれて、ありがとう♪♪
[ 2008/11/07 18:09 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こんばんはー(~。~)/。
きれいなコスモスの花がまだたくさん咲いていますね。
こちらはもうコスモスもほぼ散ってしまってますね。
風が吹くたびに、木の葉がひらひら散ってます。
コメント欄に画像をupできたらこちらの様子を紹介できるんですけど。ちょっと残念。

般若心経もいよいよ本題ですね。
信次先生の教えは、突き詰めて言うと
八正道による中道の生活が大事ということでしょうか?
続きを楽しみにしています。

PC98ですけど、平成2年物?!。すごすぎます。
パソコン界のティラノサウルスって感じがします。
今、私のパソコンはNECのバリュースター(メモリーたりないよ(涙))ですので、
ご先祖様ってとこでしょうか?

平成2年は1990年ですよね。ウインドウズ95が出る5年前でしょう? 
そのころからもうインターネットやってたんですか?ゆきさんてすごーい。
OSは何を使ってたんでしょう。

そのころ私は職場でワープロで文書をよく打ってましたね。
使ってたのは富士通のオアシスです。
システムフロッピーと文書フロッピーを両方入れて使うやつです。
上司がワープロできないから頼まれてよく打っていましたよ(笑)。
めずらしいものを見せてくださってありがとう(^^)。
[ 2008/11/07 23:03 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
こんにちは~^^ やっと仕事もひと段落しました^^;;
お久しぶりです&訪問コメント、ありがとうございます。

PC98シリーズ、懐かしいですぅ!
77万円もしたのですか?
今は数百段も性能が良くなって、価格はグッと下がりましたよね。
でも個人で所有はなかなかw
ゆきさんは捨てられないのもわかるわぁ^^

ここまで来たら、博物館に寄贈できるくらいまで
保管するっていうのはどうでしょう^^v
昔はこんなに大きかったんだよ! って、評判になるかもww
[ 2008/11/08 10:41 ] #- [ 編集 ]
夜の花…って趣がありますね♪
青空の下のコスモスと違い、ちょっと色気を感じます。

DOSパソコン!
77万円はすごいです!
(値段もすごいですけど、買ったゆきさんもすごい!)
きっとそのうち骨董品としての価値が付いたりして♪(失礼っ!)

その頃は私、ワープロ大好きでワープロをとっかえひっかえ購入しておりました。
ちなみに…我が家、ダイアルアップは5~6年前まで。
ブロードバンドになったのはつい最近です…。
田舎ゆえブロードバンド来てくれなかったんだもの…(T.T)
ですからネット歴はまだまだ浅いです…。

ゆきさんは一太郎派ですか?
私は一太郎派なんです。
一番最初に買ったパソコンに一太郎が入っていて、以来一太郎の方が使いやすくて…。
特にAtokが気に入ってます♪
[ 2008/11/09 00:18 ] #- [ 編集 ]
こんちゃ♪

まだコスモスが咲いているんですねぇ。
こちらは山がもう真っ白になってしまいました。
さすがに{{(T-T)}}ブルブル・・・さむっっ!w

我が家の押入れにもNEC PC9821があったりします。
動作的には何の問題もないんだけどねぇ。
すごいサクサク動くし♪
ってなわけで同じく捨てるに捨てられません^^;

>弦の音は、強くしめれば糸は切れ・・・

この下りは、時折ふと頭の中を過ります。
何でも突き詰めてゆくと、バランスが大事なんだなぁって
つくづく思いますよね。
[ 2008/11/09 13:45 ] #- [ 編集 ]
コメントを頂いた皆さま。
先日の土曜日から今日まで、用事があって大阪へ行っておりました。
そのために、せっかくコメントを頂いたのに返事が遅くなってしまい、すみませんでした。
[ 2008/11/10 19:03 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
こちらでは、この時期は場所によっては、というか種から芽が出るのが遅いのは今頃が最盛期!です。

長文を読んでいただいて、ありがとうございました。
そうなんです。これから本題なので、あと、7~8回に分けて転載することになると思います。
ご都合よろしければ、お付き合いお願い致します!

>パソコン界のティラノサウルス

↑↑爆! 


OSですか? MS Dos というものです。
オペレーションシステムというのではなく、ソフトを立ち上げるにはそのソフトのコマンドというものを入力しないとソフトは立ち上がりませんでした。
ちなみにマウスは使っておりませんでした。というか必要なかったです。すべてキーボード操作でした。

一太郎のワープロは、そのバージョンは思いっきり使いづらいものでした。

>システムフロッピーと文書フロッピーを両方入れて使うやつです。

そうでしたね。二枚のフロッピーを差し込んでいました。

それで、ぽんたさんに同じく(笑)、PCソフトの一太郎は思うような文章レイアウトができなかったので、文書作成用にワープロを別に購入しました。爆!
[ 2008/11/10 19:04 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
お仕事がひと段落できて、ホッとした気分ですね♪
気持ちは、はや韓国に飛ばれていることかと思います!!

PC98は、ももさんもご存知でしたか。
お仕事で使ってあったのでしょうね。
技術の進歩はすごいものです!
そうですよね。こんな短期間で、ものすごい性能UPに価格破壊。笑!

了解!
プリンタの専用用紙(紙の両脇についている紙留めのパンチ穴のあるやつ)や、プリンタリボンも余分にあります。
あと50年したら、プレミアムモノかも!

後日ゆっくりと、ももさんのところへ訪問に来ますね。
コメントありがとうございました。
[ 2008/11/10 19:05 ] #- [ 編集 ]
コスモス写真! 趣だなんて、ありがとうございます!!
夜中を徘徊して、撮ったかいがありました。
色気 ←爆!

骨董品としての価値がでるまで、説明書と共に大事に保管しておきます。
でも、れんさんはPCが好きだから、もし興味があって欲しいんだったら、ただであげるよ。
その時は遠慮なく言ってね~。

私もPCのソフトはあてにせずに、ワープロで文章を作っていました。

しかし、れんさん・・・

>とっかえひっかえ購入

↑↑これにも、爆!


わーぉ。れんさん、とっても詳しいのに、ネット歴が浅いとは、驚きでした。

れんさんは一太郎派だったのでしたか。
一太郎はバージョンアップして、今ではとても使いやすくなっていることか思いますが、一太郎のVer.2 に対する使い勝手の悪い印象があるので、それからはワード、エクセルを使っています。
当時の表計算はロータス1・2・3でした。

れんさーん。帰ってきたばっかりで、ちょっと今は手が空かないので後日になりますが訪問に来ますね。よろしく♪
[ 2008/11/10 19:06 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ばんにゃー
訪問ありがとう。遅くなってゴメンね。

北海道は寒そうですね。
山が真っ白とは・・・
毎年のことで慣れてあると思いますが、風邪などひかないよう、元気で過ごしてください。

(*^ー^)人(^ー^*)  ナカマ!
PC9821は、たしか歌手の田原俊彦がCMで起用されていたものだったと思います。
私の後継機種だね。
あおさんのPC98も骨董品になるのまで待っていようね!

長文をご覧いただいて、ありがとう!

そうだよね。バランス感覚は何ごとに対してでも大事なことですよね。

>この下りは、時折ふと頭の中を過ります。

これを読ませて頂くと、あおさんの熱心な一面が垣間見られたような感じがしています。

これから何度かに分けて紹介していきますので、お時間が許される時にご覧いただけたら嬉しいです。

明日になりますが、訪問に来ますね♪
[ 2008/11/10 19:07 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
お花の一生ゎ短いけど
最後までキレイでいようとするんだねぇ

あんにょんはせよゞ(⌒o⌒ゝ)

ニュースで見たけど
キリスト磔の地で争いがあってぇ
違う宗派でゎ宗教戦争みたい度々起ってる
それゎ宗派の違いとゆう原因ゎ明確やけどぉ
おんなし宗派での争いっていったい何が原因やろねぇ
いっちゃん厄介や思います

仕事気張って体虐めるのにゎ
後に達成感とゆうもんがあってぇ
エッチで物足りないお人ゎ
ボディピアスやらSM思考で
より快楽を求めようとする
其々自分の欲望満たす為の行為って
結論ゎあるけどぉ

修行とゆうもんゎ
理解できないことが多いです
肉体の一部切り取ったり
冷たい滝にうたれたり
何日もお食事取らなかったり
其のお人ゎ何を求めてるんやろねぇ
[ 2008/11/11 13:42 ] #- [ 編集 ]
コメント、消えましたよ、と・・・・トホホ

気を取り直して。

せっかく肉体持って生まれてきて、死ぬほど痛めつけたり、身体に悪いです。
命を落とした人もいたようですよね。

人間に生まれたことに感謝していたら、そんなことできないですよ。
肉体があることで生まれてくる欲に打ち克つことが素晴らしいのではなく、それらとうまく同居することのほうが大事なんですね。
あるものを消そうとするから、よけいに際立つ。
これって、いろんなことにいえそうですね。


夜のコスモス。なんだか妖艶なんですけど???

98の高さには驚きました。
フロッピー入れる場所が二つある・・・・
思えば携帯電話も、昔は高くて、異様に大きかったですよね。
[ 2008/11/11 14:46 ] #- [ 編集 ]
長文でしたが読んでいただいてありがとう。
同じ宗派の分裂は、たとえば年月とともに派閥みたいなものができて、主流をなすものとは目指すものが違って来たために起こってくることもあるだろうし・・・


>エッチで物足りないお人ゎ
>ボディピアスやらSM思考で
>より快楽を求めようとする

↑↑爆×1000!
れぃこはん。楽しい~♪
ボディピアスもそうなんですか?!
これってきっと、普通のエッチでは
ということだね。人間の欲望には限りがないというからね。
どういうのが普通か、という基準は知りませんが。爆!
いちおう、私の場合は普通だと思っていますが。爆!
相手も自分もSとMを求めていたら、その人たちにとっては普通なことかも。
しかし相手も自分もMだったら成り立たないんでしょうね。ということはお互いに相手を普通とかに思えないとか。爆!
なんだか変な方向に私の辺コメは走ってしまっています。爆


荒行は私はしたことがありませんからわかりませんが
きっと求めている方法が間違っているんだね。
スポーツの様に強くなりたい一心で計画立てた体を鍛えるための目的だったら違和感をおぼえませんが、ことに信仰となってくると肉体行には違和感を感じます。
信仰って、自分の心に安らぎを得て人と人との交わりの中で相手と自分の調和を目的とした教えでもあるわけですが、それをスポーツじゃあるまいし、どこまで鍛えて良いかの基準がわからないまま体に無茶を課しているように見えます。
心から浮かんで出てくる、いろいろな欲は体に制御をかけても、発信元は心ですからね。体は受けたり伝えたりする媒体に過ぎないと思います。
それとやっかいなのが霊感を得るための目的です。心がその欲の塊だとすると、即、精神分裂がおこるでしょうね。恐いことかも。

れぃこはん。いつも楽しいコメントをありがとう。
[ 2008/11/11 17:08 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
えっ、コメントが書いている途中で消えちゃったんですか?
そうなると本当にガッカリです。二度手間をさせて、すみません。

うまく同居。なるほどと思います。


やっぱり色気とか妖艶を感じられますか。
私って男をとりこにしてしまう怪しい雰囲気があるのね。爆!


PC98は値段の高さにはびっくりでしょ。
当時はコンピュータというのは今と違い、とても高いものだという印象がありました。
今ではフロッピーなんて使ったことがありませんが、その頃の記憶媒体はフロッピーのみ。
CD-Rは、なかったと思う。
先にも書いてあったように一つはシステム用なんです。
使っている途中、いつもフロッピーがカタカタいっていました。いちいちHDがフロッピーにアクセスしていたんだろうと思います。
使用中にシステムフロッピーを抜いたら動きません。笑!


私も携帯はPHSの時から使っていました。
たしか03で始まる番号だったっけ?
トランシーバーのように厚みがあり、幅が広かった。笑! 捨てた記憶がないので、おそらくその当時のPHSは家の中のどっかにあるはず。見つかったら記事で紹介しますね。笑!

シエラさん。長文を読んでいただいてありがとう。
[ 2008/11/11 17:14 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
宗教の宗は人間を超えると言う意味があるそうです。
仏教のブッダは、覚者を意味し、仏教の本家の
ゴーダマシャーダルッタ、のちのお釈迦さまは、
喉笛が出来たとされています。
たまたま、私が自分の喉笛に気がついたのが、32歳のとき。
今では、仏教の故郷のネパール人の仏教徒の方と仲良くなり、
近いうちにネパールに行こうと思っています。
[ 2009/01/10 01:33 ] #EBUSheBA [ 編集 ]
はじめまして。
さきほど、訪問いたしまして記事を少しばかり読ませていただきました。
その中の探偵ナイトスクープに出演されたシーンは、私は見たことあるかもです。失礼ですが、うっすらとですが覚えています。
それにしても・・・不思議な能力をお持ちなんですね。
せっかくの能力ですから、人様のお役に立つような何か有効活用ができる方法が見つかると素晴らしいと思います。
そしてネパールは楽しみですね。私もネパールでのお釈迦様に由来する場所の訪問をしてみたいものです。
訪問とコメントありがとうございました。
[ 2009/01/13 21:43 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
http://hidekisano.web.fc2.com/
http://khoomii.web.fc2.com/
改めて
2006年に父が死去 人生でいろいろと大変でした。
心機一転してがんぱります。


ゆき さんへ
あんぱんマンは、ジャムおじさん新しい顔を作ってもらって
いましたが、私のジャムおじさん母でしたが、母は失踪していませんので、自力で会社設立までこぎつけました。


http://hidekisano.web.fc2.com/
http://khoomii.web.fc2.com/
2006年に父が死去 人生でいろいろと大変でした。
心機一転してがんぱります。
[ 2009/01/18 17:11 ] #HfMzn2gY [ 編集 ]
自力での会社設立は素晴らしいものですね。
きっと多くの困難とご苦労があったことと推察いたします。
でもそんな中、お母さまから元気と勇気を頂かれたことなんでしょうね。
肉親の死というものは、とても厳しいものがあります。私も父親を二十歳で亡くしているのでわかります。
ぜひ、お母さまを大事にされながら心機一転頑張られてください。
再度の訪問とコメントありがとうございました!
[ 2009/01/19 16:13 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */