ちょっと珍しい海の紅葉 シチメンソウ 

先日の11月9日(日曜日)は、東大阪市に拠点があるGLA関西本部の毎年定例行事の『慈善バザー』に参加してきました。慈善バザーの収益金は義援金等、各方面へ毎年寄付されてあります。

前日の土曜日に飛行機で大阪へ発ち、月曜日の夕方に帰ってきました。翌月曜日の仕事の関係上、福岡空港からではなく佐賀空港から大阪伊丹空港へ向かいました。
午前のわりと早い出発時間の便を予約していました。ていうか、佐賀・大阪間は一日往復二便しかありませんが。笑!
早起きして(笑)佐賀空港に着き、搭乗手続きがすんで定刻どおりの出発かと思いきや・・・

整備点検に時間がかかり、フライトは二時間の遅れになります。
というようなアナウンス。

・・・二時間。爆!
二時間も、まじっすか? ってな思いでしたが、特に急ぐ用事はないし。まぁ、いいや。笑!

空港側としては、お客様へのお詫びなのか、その間に食事をとってもらうためにその日限定で一人千円の空港内レストランでの食事券を配られました。
それって、ちょっと得した気分。爆!

遅れる理由をたずねてみたら、翼のどこかの部品を交換する必要があるとのこと。
でも、その部品が佐賀空港には無いので福岡空港から取り寄せる必要があるから二時間もかかるとか・・・。
やっぱし佐賀空港は規模が小さい。・・・というか、乗る飛行機はプロペラ機なので機種が古すぎて部品が無いんだね。笑!
飛行機が途中で落っこちてもらうと困るので、しっかりと時間かけて整備してもらって安全に運んでもらえば、それに越したことはないし。
しかし急用とか、途中での乗り継ぎのある人は二時間もの遅れは大変だね。


佐賀空港内は、福岡空港とは違って時間をつぶすようなシャレたお店などはありません。
そして、周りは何もない。爆! 田んぼと有明海だけ。
ただ、佐賀空港の一番良いところは、車を何日間止めても駐車場代がタダ♪
場末なので交通混雑は一切なし。佐賀空港に向かう途中で車が渋滞して飛行機に乗遅れた! なんて絶対あり得ない。笑!

しかたがないので時間をつぶすために、いったん車で空港を出ました。
向かった先は、空港から15分ぐらいの距離にあります有明海に面した東与賀(ひがしよが)海岸のシチメンソウ群生地です。
この時期に限り、美しく紅紫色に色づくシチメンソウを見に行きました。
佐賀空港は、たまに利用しますが空港付近の沿岸にある群生地は晩秋の風物詩として有名なのは以前から知っていたので一度は秋頃に見に行きたいと思っていました。
私としては、出発が遅れて見に行く機会ができたのでちょうど良かったです!

パンフレットによると、アカザ科の一年草で有明海干潟(ひがた)の一部に自生する珍しい塩生植物の群集地です。シチメンソウは秋になると、まるで山々の紅葉のように色づく様子は、海の紅葉と呼ばれています。幼植物の頃から部分的に淡紅紫色をしており、成長の過程で色の変化がみられ、秋季には全株が鮮やかな紅紫色となり、海岸や河口付近を彩り、美しい景観をかもしだす様が、あたかも七面鳥のように色変わりするのでシチメンソウ(七面草)の名があるそうです。
そして東与賀海岸は、昭和天皇の最後の行幸地としても有名なところだそうです。
生物学者として海洋生物や植物の研究にも詳しい昭和天皇は、このシチメンソウには大変、興味を示されたようです。



写真は到着して、堤防から見下ろしたシチメンソウ群生地の風景です。
黒い柵の手前と先に赤く写っているのが自生しているシチメンソウです。
柵の向こう側は有明海のどこまでも広い干潟になっています。
(写真をクリックして頂けると拡大します)

center.jpg




この群生地の左端から右端までの距離は1600メートルにもおよび、一直線状態です。
撮ってきた下の二枚の写真をご覧いただくと、お分かりになられると思います。およそ中間の位置に立っておりますが端から端まで写せない距離です!

left.jpg


right.jpg




堤防を降りたところに案内板が設置してありました。

annai.jpg




群生地に近寄ると、直線状の左右の幅は10メートルに渡って生えています。
もともと干潟の中に生える植物ですが、シチメンソウが生えている回りには人が歩いて間近で観察しやすいように配慮してあるのか、石とかコンクリートで囲われています。
しかし中の方の土は、ちゃんとした潟になっていました。

shichimensou10.jpg




シチメンソウの大きさは、どれも均等に30~40センチ程度の高さです。

shichimensou 2




葉っぱの感触は、ぷよぷよ感がありそうです! さわっていないので分かりません。
というか、後でさわるつもりだったんですが、さわってくるのを忘れていました。笑!

shichimensou up




お天気は悪くなく、眼前に広がる世界最大の干満の差を誇る大自然の有明干潟を望み、のんびり気分を満喫できて、ちょっと感動!! 
晩秋の佐賀に訪れる機会があったならば、ぜひ訪問していただきたい場所です♪
ちなみに佐賀は有明海苔の産地として全国でも有名です。右手に見える、この干潟の少し向こうの沖には海苔の養殖所があります。機内上空から下を見ると有明海の海苔養殖所は、さすが規模が大きいというのがうかがえます。

shichimennsou reft2




干潟の中に、ぽつんと生えているシチンメンソウもありました。
潮が満ちたら海水の中に浸かっちゃうんでしょうね。

shichimensou gatanonakani




干潟の中にいる餌を求めて、自分がいるすぐそこまで近寄ってくる小さな鳥がいました。

gatanotori.jpg


gatanotori2.jpg




それと、潟にしか生息しない珍しい生き物もいます!
トビハゼです。
眼が飛び出ていてかわいい!
トビハゼにも似ているムツゴロウを探しましたがいませんでした。
この干潟の沖にもっと出ないとムツゴロウには会えないのだろうか?
畑 正憲とは違います。

mutugorou.jpg




右端のドロの中に小さくて丸く穴が開いているのはトビハゼの巣穴です。
左手のもっと大きい穴は、写真よりも成長したトビハゼの巣穴か、もしかしてムツゴロウのものだと思います。

mutugorou2.jpg




ピョンと跳んで石の上にもあがってきます。

mutugorou3.jpg



ドロの中から出てきては、すぐに隠れ、そしてピョンピョンと目の前で跳ねている愛らしいしぐさのトビハゼとか、トコトコと干潟を歩く小鳥は見ていて飽きません。

のんびり感に浸っていたら、いつの間にか一時間もここで時間をくっちゃいました。ガーン!
早く空港に戻らないと乗り遅れちゃう。汗!
急いで空港に戻りました。

せっかくもらった食事券は、シチメンソウを見に行った後で使おうと思っていましたが使わずじまいで機内へと・・・。。。
残念。笑!

機内座席は窓際でしたが、雲の写真を写すのにプロペラがすっごくジャマ。爆!
しかも九州を出た頃から地上も見えず、表情のあまり変化がない雲ばっかりで到着。笑!

puropera.jpg


帰りも窓際でした。その席は行きのようにプロペラがジャマな位置にはありませんでした。
そして何枚か上空から見た秋の雲とか空、地上の姿を撮ってきましたので、あと2回に分けて空の写真を記事に載せたいと思っています。たいした写真ではありませんが。

ご覧いただいてありがとうございます。
長くなったので、続きは後日書きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ← こちらをクリックして頂けると嬉しいです。(≧∇≦)



テーマ : 紅葉~♪ - ジャンル : 写真

タグ : myPhoto/Movie



この記事をリンクする?:


[ 2008/11/12 21:23 ] 随 想 | TB(0) | CM(10)
  1. ..
出発時間が遅れたおかげで、
シチメンソウ(初めて聞きました^^)やトビハゼなどが見れるなんて羨ましい^^
ちょっとした時間も有効に使えるゆきさんも羨ましい!
私は時間の使い方がヘタなんですww
韓国では友達と4人、何とか効率よく遊んでこようと
計画も正念場^^
ゆきさんの行動力を見習って来ようっと♪
[ 2008/11/12 23:57 ] #- [ 編集 ]
こんばんは。^^
ほんとにまるで紅葉のようにキレイな色ですね。
塩生植物というんですね~。初めて知りました!
またしても九州人失格ですね。(笑)

すごい広範囲に渡って迫力あったでしょうね。
お写真でその奥行きがよく分かります。

佐賀・大阪間 って・・・プロペラ機ってのも知らなかったです~!(笑)
空の写真もまた楽しみに見に来ますね~♪


[ 2008/11/13 01:01 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
そうなんです!
遅れて良かった。(笑)

こちらは田舎なので、ももさんのお住まいの都会付近にはない珍しい自然を紹介できてよかったです!

いえいえ。私は、あんまり時間の有効利用は苦手です。
たまたま二時間もあったもんですから!

韓国旅行の出発日が、もうまじかて綿密な計画もしっかり固まってあるのでしょうね。

楽しい土産話を待ってています。

お友達四人と楽しく、気をつけて、いってらっしゃーい!

忙しさの中をコメントありがとう!
[ 2008/11/13 01:57 ] #- [ 編集 ]
PCが無事に復活できてよかったです!

香椎花園の薔薇の次の続き。楽しみにしているよ♪


そうでしょ♪
きれいな色をした珍しい、海水の中に生えている植物です。
いつか、時間があったら晩秋には見に来てね。
ここは、遊園地とは違い拒否されないと思われます。爆!


端から端まで、ゆっくりと散策しながら歩いてみたかったけれどtime・outでした。(笑)

プロペラ機は乱気流に乗ったら、すごい揺れます。死を模擬的に覚悟するのに、いい機会。爆!

空の写真!期待ありがとう。嬉しいです。
でも、あんまり上手いところ、写しきれませんが。(-_-;)


訪問とコメントありがとうね!
[ 2008/11/13 02:01 ] #- [ 編集 ]
おもしろーい、ゆきさん!
すごい臨場感なんだもの。

シチメンソウ(七面鳥みたい)って初めて知りましたが、見事な赤ですね。海水に浸かってしまうものはどうなってしまうのか・・

佐賀空港というのは、のどかな場所なんですね。
大昔、親に頼まれて(?)三姉妹で縁結びのお参りに、出雲大社に行ったことがあるんですが(エエ、晩婚だったもので)、出雲空港が、バスの発着所みたいに小さくて、まわりに何もないので驚きました。
似たようなものかも???

日本ではフライトを待たされたことはないですが、昨年、バリ島からの帰りの便が、7時間も遅れて、ずっと空港内で待ってました。食事券は出たけど、ヒマでヒマで。
はっきり何時とわかっていれば、外に出ることもできるのだけど、あと1時間、あと2時間という感じで、いつ出るのかもわからないから、ここで待つしかなかったのでしたが・・


最後の雲の上の写真。
南の島の珊瑚礁みたいに見えました。


>畑 正憲とは違います。

↑ ブハハ!!ムツゴロウさんが泥の中でおおはしゃぎしているのを想像。あ、でも、あの人ならやるかもしれません

次の報告待ってます!

[ 2008/11/13 10:21 ] #- [ 編集 ]
干潟に無縁な信州人にはとても
珍しい風景です^^
ハゼと野鳥の姿に癒されますね~♪
空の旅はいかがでしたか?
雲の上って素敵ですよね…(恐怖もありますが)
[ 2008/11/13 10:47 ] #- [ 編集 ]
訪問ありがとう。

>おもしろーい、

ありがとうございます。
楽しんでいただけたら嬉しいです!

付近には田んぼがありますが、台風などで海から吹き上げてきた海水で被害を受けるということはよく聞きます。
でもシチメンソウは、もともと塩水がある潟にしか生息しないので、ずっぷり浸かってもどうってことはないのでしょうね。

もしかすると、出雲空港も佐賀空港と同じかもね。
でも、バスの発着所よりもスケールは大きいかも。笑!

7時間は辛いですね。そうとう時間を持て余してしまうと思います。
本当は整備のために遅れるということであっても空港から出てしまうのはヤバイんだよね。
空港から出る前に念を押して聞きました。飛行が早まることはないですか? ってね。
そしたら、福岡からだと少なくとも一時間。整備に30分かかる。ということだったんで空港を出ました。
もし、セスナ機とかヘリだったら、佐賀・福岡は直線距離で飛行時間は10分か15分くらいで届く距離だと思う。
つまり、お互い飛行場なのに、陸路を選ぶんだね。爆! というか、部品が大きすぎてセスナとかヘリには乗らないのかも。笑!

次の記事も大したことありませんが、ありがとうございます。
[ 2008/11/13 11:40 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
そうですね。信州は山々に囲まれているので、なかなか目にされない風景だと思います。
記事を紹介して良かったです!

干潟って、海水浴が出来るようなきれいな海岸ではありません。
でも、ちいさな生き物は、ゆうゆうと暮らしている姿には癒されます。
もっと長い時間いたい気分でした。こんどはもっと早めに来て、この沿岸の散策をしてみたいと思います。
行きは約一時間。帰りは約一時間半。どちらも快適でした。今回は乱気流があまりなくて。

>(恐怖もありますが)

やっぱり誰だってそうだよね。よっぽど飛行機を頻繁に利用する人は、そうでもなくなると思いますが。
大阪へ行くのには、飛行機か新幹線ですが、新幹線が安全だといっても時速300キロの速度で走っている時、直下型の大地震が来たら即死だね。爆!
その点、飛行機は空中にいるから地震に影響がない。笑!
着陸する滑走路を探すのには大変かもしれませんが。爆! 

コメントありがとう。
[ 2008/11/13 11:40 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
(~。~)/こんばんはー。
昔、何かの植物についての本で、シチメンソウについて読んだことがあります。めずらしい塩生植物として紹介されていたのを思い出しました。

今日はゆきさんの撮った大きくて鮮明なたくさんの画像を見て、驚いて感動しています。
たしか北日本には自生していない植物のはずで、私も実物は触れたことがありません。佐賀空港から近い干潟にたくさん自生しているんですね。

本で読むのと違って、こうしてブログで紹介してもらうととても身近に感じます(^^)。

青森県の周囲の海は海流が速いので干潟や砂浜がないんですね。どこも岩礁の海岸です。岩海苔作りが盛んです。岩海苔は佃煮にするとおいしいですよ。ほかほかご飯に乗せて食べます。おかずがなくてもこれだけでイケます。




[ 2008/11/13 23:42 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
シチメンソウはご存知でしたか! ちょっと嬉しいです。

私のヘタな写真で感動なんて、ありがとう。
そうなんです。写真でご覧いただけたとおり、かなりの数で自生しています。ちょっと圧巻でした。
私は植物には詳しくないのですが、詳しい人には見ごたえがあるのでしょうね。

青森県の沿岸と有明海沿岸は随分違うようですね。
有明海は内海で、しかも外洋との進入口が狭いんです。穏やかな海です

そちらは岩海苔が盛んでしたか。
私も岩海苔は好きです。瓶詰めで売ってあるのしか食べたことがないのですが、美味しいですよね。

ご覧いただいて、ありがとうございます。
[ 2008/11/14 12:33 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */