芒 susuki 

筑後川支流の、のんびりとした風景です。
小春日和な日は、この景色でも眺めながら一日中、ボーッとしていたい。笑!
こじんまりと生えているススキ。
もっと広く群生しているところもありますが、どう撮っていいのか分からない。爆!

susuki.jpg



susuki2.jpg



susuki3.jpg



写真をご覧いただいて、ありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



ここからは、前回からの 「般若心経のまとめ」の続きです。

読み逃げ、スルー、斜め読みは大歓迎です♪ (≧m≦)ぷっ
ご覧頂いた方の中で、少しでも何かの気付きがあったとしたならば、それだけで嬉しいです。以下、紹介させて頂きます。転載です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


色不異空(しきふいくう) 空不異色(くうふいしき)

これを直訳すると、現象界は実在界の投映であり、実在界があって現象界があるのだ、ということになる。さらにもっと突っ込んでいくと物質はエネルギーであり、エネルギーは物質である、ということになってくる。

現象界と実在界は、もともと一つであり、別々ではないのである。現在の自分の想念と行為が死後の実在の自分自身を現わしていることになる。
現象界が実在界の投映という意味は、一つには人間の心は一念三千であり、天国にも地獄にも、自分が意識を向けたところにつながるのでそういうのである。
人間は天国と地獄のちょうど中間に位置している。
なぜ中間に位置しているかといえば、人間の心は天国と地獄に通ずる自由(一念三千)な心を持っているからである。
慈悲と愛の心を持てば天国に、煩悩に心を奪われれば地獄に通じ、自分自身の生活環境を通じた世界と同じような形で現わして行く。
つまり、実在界の投映という形をつくるのである。それほど心というものは、重大な要素を持っており、人間はその心の在り方によって、鬼にも天使にもなり得るのである。
実在界に鬼が住むような地獄がもともとあったかどうかである。

天地創造の初めはなかったのである。実在界はエデンの園であり、天国のみであった。
ところが人間がこの地上の生活になれ、五官に左右され、六根が生ずるようになってからは、実在界の一隅に、暗黒の世界をつくるようになった。人間は自らの想念と行為によって、そうした闇を生み出していったのである。
すなわち、実在界に、光と陰の世界が出来上がってしまった。
そうして、地上の人間は、光と陰、善と悪の混合された世界で修行するような環境をつくり出し、その中でなければ、何が善で、何が悪であるかを知ることが出来なくなってしまったのである。
もともと実在界があって現象界があるのだが、現象界の人間の心が実在界に闇の世界を創り出してきたのである。
こうみてくると、現象界と実在界の姿がはっきりしてこよう。そうして、色と空の関係が、もともと別ものではなく、同時的に成立している、という意味が釈然としてきたと思う。
色は空に異ならず、空は色に異ならずとは、こうした意味がこめられているのである。

色即是空、空即是色――。
これの解釈は通常文字にとらわれる場合が多い。あると思えばない、ないと思えばある、といってみたり、色即是空は往相(悟りに向かう)空即是色は還相(人々を救う)と説明している人もいる。

本当の意味は、転生輪廻なのである。あの世とこの世の循環を、色と空、空と色という表現で、ここでは説明し、そうしてこう表現することによって、魂の転生輪廻の永遠性をうたっているのである。
大抵の人は、人間が生まれ変わるとは信じられないようだ。まず十人が十人死んだらお終いと思って生きている。だから、生きているうちが華であり、生に執着を持ってしまう。死は不幸を意味し、葬式は概ね暗く、陽気はタブーとされている。

ところが、人間は生まれ変わり、この世よりも、生前の魂の在り方によっては、あの世の方が住み良い、ということがわかれば、死は不幸ではなく、人生の卒業式として、生まれたときと同じように、祝杯をあげてもよいということになる。
死に対する人間の根本的な誤謬(ごびゅう)は「あの世がわからない」ところにあるようだ。
人は生まれると同時に、あの世と断絶し、通信を途絶えてしまうからである。お先真っ暗の人生を、それこそ手探りで歩いているようなものだからだ。
しかし、怒ったり、ねたんだり、悲しんだりすると気分を悪くし、人にも害を与え、反対に陽気や笑い、助けあったり、はげましあうことの喜びは、どんな場合でも気持ちがいい。その事実を私たちは日常のなかで経験しながらも、自然にふりまわされてしまうものだが、しかしそうした愛に生きたときの喜びを発見し、認識するならば、あの世があろうとなかろうと、現実の自分とその周囲を光明に化することができるはず。

悲しみを取り除き、喜びをわかち与える慈悲の心、助け合う愛の心というものは、人間は、皆持っている。そうして、そうした生き方を、誰しも望んでいる。しかし、現実は、そうできない。気持ちよい生活、平和な世界を希求しながらも、それから遠のいてゆく。これは、自我がそうさせ、執着が次第に広がって行くために、本来の目的から人は離れていってしまうのだ。ウソつきが得をし、正直者はバカを見る、ということを鵜呑みにした結果ではあるまいか。
己の心にウソはつけぬ大自然の条理を知って神の心に近づこうと努力するものに対しては、神は、色即是空の生命の扉をひらいてくれよう。なぜなら、神は、自ら助ける者を、決して放っておくようなことはしないからである。
人は色即是空の認識を得る前に、大抵は根負けし、肉体世界に妥協してしまう。妥協の上にあぐらをかいて、ああでもない、こうでもないと逃げをうつ。人生はますます解からなくなり、迷路にはまりこんで行くのだ。

まず人は、怒ったり、ねたんだりすることよりも、陽気に笑い、助け合う愛の心を、しっかりと抱いて、そうして、その心を持続するならば、「あの世がわからない」という迷信に陥るようなことはあるまい。
アメリカのある新聞社が、「あなたは、あの世を信ずるか」について世論調査をした。結果は、調査の八割までが、あの世を信ずる、と答えていた。答えた人八割があの世をみたわけではない。信仰が生活のなかに溶け込み、日曜になると、教会にいって話をきかないと一日が終わらない気持ちが、そうした回答となったのであろう。聖書が教える愛の心を教会で教えられ、愛の心を持ち続けることは人間として当然であり、そうしなければならないと考えているからである。
日本人について世論調査をしたら、どんな結果がでよう。あの世があると答える人は一割あるかないかであろう。
ともあれ、私たちの住む世界は、立体の世界である。人が地上に存在することは、そのまま、あの世につながった存在者として、存在するのである。ただ、あの世がわからないために、そう思えないだけの話である。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

転載、以上。

前回からの 「色即是空 空即是色」 の続きです。
般若心経の中では一番重要な内容です。
その解説を全部一気に転載したかったのですが、あまりにも文章が長すぎてしまいますので、ここでは半分に分けて紹介させていただいております。
続きの残り半分とそれ以降の解説は、まだまだありますので、また別の機会に紹介させて頂きます。

長い文をご覧いただいて、お疲れ様でした。そして、ありがとうございます。


bear.jpg


テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

タグ : GLA誌に連載:般若心経解説



この記事をリンクする?:


[ 2008/11/23 00:00 ] 随 想 | TB(0) | CM(19)
  1. ..
こんばんは.。.:*・゜☆
絵のようにきれいな景色ですね。^^
こんなところをゆっくり散歩できたら癒されそうです。

そういえば私も…ずい分前にどんぐり村(笑)へ行ったときあまりのススキの群生に
どこをどう撮ってよいのやら全く分からなかったです。(≧m≦)うぷぷぷ

クマちゃんのマスコットは誰かの忘れ物でしょうかネ~。(^ー^* )フフ♪


[ 2008/11/24 00:40 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
こんばんはー(^。^)/ぽんたです。

うーん、色=現象界(または物質)、空=実在界(またはエネルギー)と、言葉を置き換えれば、般若心経だけを読んでいれば、そのような解釈もできますね。
でもそうすると他の経典と矛盾するんですよ。
やはり「色不異空」は素直に「物質的現象は実体がない」と理解するのがいいと思います。

私が持っているのは中公文庫から出ている「大乗仏典1 般若部経典」という本です。私はこの本を読んで般若心経の正確な意味が理解できたと思います。

もちろん信次先生の実在界についての説明の部分はりっぱな内容だと思います(^^)/。

信次先生の文章は自分の考えを仏教の形に当てはめないで、自分の素直な言葉で説明しているところの方が好きですね。

写真は青空が素敵ですね(~~)。ぶらさがっている赤いクマのぬいぐるみはなんでしょう?
[ 2008/11/24 00:53 ] #y6LFAiUE [ 編集 ]
ぷりんちゃん♪

連休はゆっくりと過ごしてありますか~

しっかり疲れをとってね。

絵のようだなんて、うれしいです。ありがとうございます♪

そうなんです。ちょっと暖かい日は散策にもってこいの場所です。自然に囲まれてのんびり気分。絵心が私にあったなら、一日中スケッチしているかも!

そういえば、いつか、ドングリ村へいってたね。
まだデジ一の前に!

くまちゃんは、この前、本部にいった時に本部のすぐそばにある公園で見つけました。ひっそりぶらさがっていたのが、かわいかったのでパチリと。(笑)

[ 2008/11/24 01:04 ] #- [ 編集 ]
いろいろと深くご存知なんですね。
私は経典のことは知りませんが、言葉として真理を表現して教えていただくには、シンプルさが一番です!
ぼんたさんのコメントにたいしての返事になっていませんが、私は高橋信次先生の原説般若心経で物質界と実在界を貫いている法則が厳然として存在しているのを簡単な解説で知ることができました。ずいぶん以前に私にとってはそれだけで、ありがたく十分に満足したのを思い出します。
その時に、ふとおもったのは、この高橋信次という人はお釈迦様の生まれ変わり?と妄想していましたが、後に講演を初めて聞いた時に、その感が間違いではなかったことを実感できました。


くまちゃん。かわいかったので、パチリと。(笑)
落とし物?
[ 2008/11/24 01:45 ] #- [ 編集 ]
ホントどの写真も絵みたいです♪
ススキの群生しているところって目で見てるとすごくキラキラしてたりしてきれいですけど、写真に撮ってみるとイマイチで…、いつもボツばかりです。
ゆきさんのはとてもステキ♪

2枚目の写真はフラッシュを使われてますよね?
私最近、フラッシュが必要な暗さでもフラッシュを使うのがキライだったんですが、こんな写真を見ると、逆に明るいときのフラッシュってまたおもしろいな…とあらためて思いました♪
私もやってみよっと(#^.^#)


[ 2008/11/25 16:30 ] #- [ 編集 ]
れんさん。写真見ていただいて、ありがとう。
れんさんからも絵みたいだなんて言ってもらって嬉しいです。

広々としたススキの群生は、れんさんが書いてあるとおり陽の光に、すごくキラキラして綺麗ですよね。
私の場合、撮ってみたのですが何度撮っても何かアクセントのもの足りなさを感じて、うまくいきませんでした。笑!

しかし、二枚目の写真ではフラッシュを使っているのがよくわかりましたね。ありがとう。
もしかしてススキ少しばかり写っているススキの影を見て?
それにしても鋭いです!
[ 2008/11/25 17:10 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
黄金色に輝くススキをみていると
子供時代の思い出が蘇ってきます・・・
時間も忘れて夕暮れ近くまで遊びまわっていた
あの頃のあぜ道を^^
それにしても、綺麗な青空ですね、
ゆっくりと時間が流れています♪
[ 2008/11/25 17:21 ] #- [ 編集 ]
そうそう。小さい頃は暗くなるまで寒い中、防寒帽をかぶって遊んでいました。ほっぺたにキリッとくる痛寒さを思い出します。
今の子どもは、ほとんどおうちの中で、ぬくぬくと楽しそうにゲームしながら遊んでいますが、木枯らしの中で汗をかくほど走り回ることも楽しいんだけれどね!

写真を見ていただいて、ありがとう。
[ 2008/11/25 17:36 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ススキって超アップで見ることってなかったけれど、
すっごい素敵ですね!!
フワフワしていて気持ち良さそう^^
昔、これでミミズク(だったかな?)
を作ってもらったことがあったけれど、
懐かしいなぁ♪
[ 2008/11/26 00:21 ] #- [ 編集 ]
日曜に日帰り温泉に出かけたのですが、何度か行った場所なのに迷ってしまい、
気が付いたら一面ススキ野原でした。
そこは圧倒的な大きさの富士山の真下でした。

無事に温泉について一安心。

この世は自分達で創った場所だったんですね。
あの世があるかどうか、あったらどんな場所か、不安になったり
気にしたりしながら生きるのも、なんだかもったいないですね。
ここに来る前に、みんないた場所なんですもんね。

クマちゃんの背中がせつなく寂しそうですね。
[ 2008/11/26 09:58 ] #Wf0XxWeM [ 編集 ]
写真を見ていただいてありがとうございます。
ほんとうは、もっとマクロにしたかったのですが、一眼と違い、携帯のカメラレンズでは無理でした。笑!

ススキでミミズクが作れるんですか。
そういえば小さい頃には、いろいろな植物で大人から、ちょっとした遊びを教えてもらっていましたね。
懐かしく思えていただいてうれしいです!

訪問、ありがとう。
[ 2008/11/26 14:33 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
日帰り温泉旅行、お疲れ様でーす。
無事! 到着できて良かったですね。
でも、富士山をバックにススキ野ですか。
それは良いロケーションではないですか!
壮大な景色を想像しております。迷ったとしてもそういう景色を眺められるなんてシエラさん。幸せです!

そして長文もご覧いただいて、ありがとうございます。

人生の半分をすでに通り越しておりますが、(まだ29歳なのに。笑!

最近、すごく自分の中で伝わってくるのは、心の故郷、あの世へ帰る前に、とってもおこがましい言い方ですが自分自身、ほんの少しでもいいから、『地の塩』 となる生き方をして帰りたいと願っています。

うん。くまちゃん、かわいそう。飼い主においていかれちゃったんだね。
[ 2008/11/26 14:37 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
ももさんへのコメントの中で、携帯のカメラレンズと書いていますが携帯ではなく、デジカメでした。
ごめんなさい。(-_-;)

私はボケているもようです。(爆×100

[ 2008/11/26 23:31 ] #- [ 編集 ]
般若心経。

本大嫌いな私ですが、面白くてどんどん読み進められてしまいました。
『面白い』と言うとちょっと違うでしょうか… ん~。
元々、こういったお話にとても興味がありましたし、あの世の存在も信じているからなのかもしれませんね。

3枚目の写真!私のツボです♪
かわいいです~。
どれも空の色がとてもキレイですね!
[ 2008/11/27 16:49 ] #Ehezeppo [ 編集 ]
あんにょんはせよゞ(⌒o⌒ゝ)

>現象界と実在界
この世ってYes or No。右か左。そして天国か地獄
大まかにゆえば二通りの選択しか無い思う
人生の枝で右を選択したお人ってぇ
左の世界を経験してないとゆうことですからぁ
現象界と実在界どちらにも属さないヮヶですよねぇ
そんな世界を空想界とでもゆうのんかなぁ (*⌒艸⌒)

今日もお勉強させてもらいましたぁ
(人*'ー')おおきに
[ 2008/11/27 17:00 ] #- [ 編集 ]
長文でしたが読んでいただいて、ありがとうございます。
そう書いていただけると、文を紹介した甲斐があります!
面白いは大歓迎♪
これからも話は続きますので、ぜひお暇なときにでも訪ねてきてね。

写真もご覧いただいて、ありがとう。
これからも、頑張って撮りま~す!
訪問ありがとうございました。
[ 2008/11/27 17:36 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
そうですね。経験していないと当然、その世界は分かりませんよね。
でも空想界! ですか。おもしろいです。

いつも長文をご覧いただいてありがたいです。
れぃこはんにとって、何かの糧になるのでしたらとても嬉しいです。
これは、もう少し続きますので宜しくお願いします。

いつもコメントありがとう♪
[ 2008/11/27 17:37 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
>つまり、実在界の投映という形をつくるのである。それほど心というものは、重大な要素を持っており、人間はその心の在り方によって、鬼にも天使にもなり得るのである。

結局は人の見方一つ、感じ方一つだってことですよね・・

悪魔に見えるものが実は天使であったり、天使と思っていたものが
実は悪魔であったり
それも全て人間の心が生み出すものなのでしょう

1枚目の写真凄く空が綺麗ですね
秋晴れですね(*゚◎゚ノノ゙☆パチパチ
[ 2008/11/27 19:16 ] #HIn9vuQ2 [ 編集 ]
長文を読んでいただいて、ありがとうございまーす。
お疲れ様でした。

そうだね。とらえ方でどうにでも変わるものですね。
たくさんの方を癒してあるタコたんは、天使だね。

そして写真ありがとう。
褒めて頂けて嬉しくなります!!

コメントありがとう。
[ 2008/11/27 20:27 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */