「生命(いのち)の輝きへの道」五項目 

私が日々、行っていることを少し、書いてみたいと思います。
「生命の輝きへの道」五項目のことです。

これは 平成14年 GLA関西本部の春季研修会の時、岸田先生が 
自分の意識を高めるための方法ということで、示して頂いたものです。

1. 一日一回、心行を熟読する。

2. 神に感謝し、肉体先祖に対して、感謝の心を持つ。

3. 今日一日のなかで自分の「戒め」を振り返り反省する。

4. 宇宙意識のエネルギー(神の光)を全身にいただく。

5. 病や悩みのある人に、光(エネルギー)を送る。


私の場合、時間にして約一時間かけ、自分ひとりしかいない職場で
手が空く お昼過ぎにやっております。

まず、イスに座ったままでの深呼吸です。
およそ、東の方角を向き 心行を手にして小さな声で読んでいきます。
私の心行は、色々と鉛筆で落書きをしています。
高橋信次先生の著書や講演の中で「常に忘れてはいけない、」と
私が思った言葉のキーワードや、自分の心から発した想いをメモしています。
そして、心行に書かれていることを自分の「今の心」と照らし合わせ
メモしているキーワードとも、吟味しながら読み進めます。
心行の中では、いくつか重複した言葉があります。

・・・・を悟るべし (たとえば体験を通し、心から気付いたり自覚すること)
・・・・を知るべし
・・・・すべし
・・・・忘れるべからず

などです。
「神理について理解したら、次に行為することが重要」
であることを説いてあります。
今の自分はそれに対して、どうなのか・・。
心から わき上がってくる思いなど、自問自答して読んでいるため
日によって、読み上げてしまうまでの時間は まちまちです。

次に 「祈願文」 を読みます。
これは、祈りの心=感謝の心=実践 
・・・ということを ことばで表したものです。
そして、中道の実践を誓い、神様や上段階の光の天使からの光を求めます。
また、自分を慈しんで頂いている守護・指導霊様への感謝のことば。
人が生きていくために犠牲になっている諸々への感謝の心。
まず第一に、自分自身の体を持つことにより、地上界での修行ができるのだから
生んでくれた両親、先祖に対する感謝の心。
これらを一心に、胸に手を当て 念じながら読みます。

そして、もう一度 改めて神様からの光を仰ぎます。
神様の姿、神の光、人の心の姿・・・とは、どういうものなのか。
幸いに それについて、はっきりと高橋信次先生が著書とか講演、
写真を通して教えてあります。
それを参考に、ここからは、イメージとして行います。
あくまでも 念による自分の想像です。(笑)
この想像は以前に、自分に光が入ってきた その体験をもとにしているので
私としては、やり易いです。

イスに座って座禅をくみます。
光をいただく前、自分の今の心の状態がどうか、確認します。
神聖な光をいただくのに心が歪んでいては、失礼にあたります。
そして、自問自答していきます。
心は風船玉のように、丸いだろうか。
では、心から発している振動はどうだろうか。
精妙な状態だろうか。
自分の心の奥から発している神様、守護霊様による波動が
想念帯のところで歪みを作らずに表面意識に流れ込んでいるだろうか。
心は一念三千。右にも左にも偏らず、
(五感に振り回される事なく心を内に向け)中道だろうか。
海のように広く、空のように意識は高くあるだろうか。
自分の体から黄金色の光が出ているだろうか。

自問自答の次は、立ち上がり両手を伸ばして上空を仰ぎます。
そのとき自分の意識は、天井をつきぬけ空に駆け上がり、地球を見下ろします。
そして次元の違ったあの世に行きます。
きれいな緑色の芝生に座り、上空を仰げば 真っ青な空に 神の姿を見つけます。
それは太陽であり、地球のそれより一回り形が大きく 直視すると、
放っている光はやわらかく、ふくらみがあり
人に、慈悲と愛の尊さを教える光が自分に降り注いでいきます。
その光は、自分の体を貫いています。

自分の体と意識に金色の光が充満したら、その光を相手に送ります。
いわば念も含め、相手に送りますので 間違いのない様、守護霊様の御加護をお願いします。
私の場合、相手は、亡くなった父親と弟、そして病気の母親、
特に心配はないのですが、伴侶や子ども達。他、知人等。
病とか、心配事を抱えている人に対しては三度繰り返して光を送ります。
自分の全身、意識から充満している光を頭や、足元から集めて
目の前に黄金色の光の玉を作ります。
相手を思い出し(場合によっては、危険かもしれませんが自分のそばに呼びます。)
その玉を両手でつかみ、投げるように相手に送ります。
相手に光が届いたら、自分の手のひらから出ている波動によって調和を促します。

これは現実ですが、光を集めるとき自分の体を覆っている何か、エネルギー体を感じます。
また、何もない空中に光が見えたりすることがあります。
(目が悪くなっている、といわれれば、それまでです。笑)
手はしびれ、体中が熱くなったりすることもあります。
このような実感があるので、今やっていることに意味がある、と思っています。

光を送った後は、神様 上段階の天使、守護霊様への感謝の念をささげます。
守護霊様には、せっかく生まれてきたのだから、自分の今生での魂修行の 
目的と使命 が達成できますことを祈願します。


以上を 一心ふらんにやっています。
そのとき、雑念も何も心に入ってくる隙はありません。
無心状態という感じでしょう。 
なんだか、かなり かた苦しいというか、ほんとなの?
やってどうなるの~とか、こんなことマジで やってんの~と思われるかもしれません。
でも、マジです。(笑)
これだけで、一時間は かかってしまいます。
そして、時間があったら心静かに反省と瞑想をしています。

私は、こういうことをするのが好きなのです。(笑)
瞑想については後日、書こうと思います。






この記事をリンクする?:


[ 2006/12/20 13:08 ] 瞑 想 | TB(0) | CM(5)
  1. ..
*ゆき様 こんにちは。

マジでやってんの~? なんて思いません。
私も、目には見えないけれど守ってくれている存在を信じています。
そして瞑想を通して、宇宙とつながる感覚をいつか得たいなぁ。と思っています。でも時々しかやってないのでいつになるかわかりませんが。。。笑

瞑想初心者ですが、次回のお話も楽しみに読ませて頂きます。
[ 2006/12/20 15:34 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
そうです。そこなんです。

>宇宙とつながる感覚をいつか得たいなぁ。

宇宙=神の体
人=神のブランチ

私も、実感として せめて生きている内に その感覚をつかみたいです。

今はイメージだけです。(・_・;

何ごとも誰だって最初は初心者です。
私の瞑想というのは教えてもらったものではありませんし、大したことではありません。何か成果が出るものではありません。
でも、期待して頂きましてありがとうございます。
大げさではなく、包み隠さず感じたことを素直に書きたいと思います。
瞑想について、いくつか本を読んだことがありますがじぶんにあわないなぁ~と、思って読んでいました。(^_^)

それから、さっきマンゴプリン様のブログに書きましたが、
私、くるめなんです。
今後ともヨロシク~。

そして、コメントいつもありがとうございます。
[ 2006/12/20 16:01 ] #- [ 編集 ]
マンゴプリン様
さっき書き忘れたのですが、

>私も、目には見えないけれど守ってくれている存在を信じています。

見えなくとも、親しみを込めて心から思えば、
必ずその存在を実感できるはずです。
他の心のきれいな人と比較すれば 私は、たいした人間ではありませんがその体験が有りますので、そう言いきれます。

マンゴプリン様の心の平安をお祈りします。
[ 2006/12/20 16:16 ] #- [ 編集 ]
ゆきさんへ
 ご訪問&コメント有難うございました。クラシックの記事も書いていくつもりです。またご意見聞かせていただければ感謝です^^
 ゆきさんには探求神があるんですね。
[ 2006/12/20 17:36 ] #- [ 編集 ]
service110 様
コメントありがとうございます。

クラシック音楽は、芸術の域に入るため
敷居が高いと思われがちなんですよね。
でも、実は楽しく また、勇気がわいたり癒されたりします。

クラシック音楽の話題、楽しみです。

ご訪問ありがとうございました。
また、のぞかせてください。
それでは。
[ 2006/12/20 18:49 ] #- [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または 全記事一覧 からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */