瞑想 9  正定 (しょうじょう) 

以下再度、反省と瞑想で忘れていけないと思っていることに付いて高橋信次先生から引用します。
20070217160553.jpg

正定(※釈迦が説いた八正道の最後の項目)の目的=禅定(座禅)

反省によって心が安定し、やがて不動心が養われてくるが、その不動心を日常生活の中に活かせなくては正定の目的は半減する。
正定はまた、実在界(※あの世)とのもっとも身近な交流の場であり、要は心の調和、安定、智慧の湧現が正定の目的となる。

反省=正定

魂の前進は正法(※釈迦、イエス・キリストが教えた真理)の正しい循環にあるのだから、(偏らない)中道の尺度で一日の言動、心の動きを反省し、想念の浄化、修正に努力をつづける。
反省後の瞑想は心と肉体のバイブレーションが神に近づき、晴れ晴れとした気持になる。
その気持で一日の生活を送ること。
反省後の瞑想は心が非常に整うものである。
この時、守護霊とも通じやすくなるので、心の中で祈願文(※信次先生がつくられたもの)を唱え瞑想をつづけなさい。

反省の禅定に入る前に、まず丸い、太陽のように広く大きく、あらゆる生命を生かす生命体(※霊太陽)を心に想像することだ。

瞑想は反省をしたあとでするようにして欲しい。
丸い心を心の中に描き、祈願文を静かに唱えることを忘れないで欲しい。
祈願文を唱えると、心が大宇宙大神霊(※God)、守護、指導霊に直結するようになり、さまざまな雑念から離れることができると同時に、魔の支配からも避けることが可能になってくる。
こうして瞑想をつづけるようにすると、やがて守護霊と交流がスムースにできるようになってくる。

また、以下の様に信次先生は言及してあります。

昭和49年「反省の仕方」

バイブレータが効くようになると(上下まぶたに振動が起るようになると)霊視が効くようになり、次元の違った世界が見れるようになる。
しかし、見たい見たいという意識で見ると閉じられます・・・欲望だからです。
目の右側に金色の光りが、ポツーッとついている事があります。
あの世の次元の違った世界を投影する一歩手前なのです。
しかし、執着心があると消されます。

以上。

以下、「集中力」角川書店から引用します。

ソルトレークシティ五輪の「内なる炎」は出場選手一人ひとりの目に宿っていた。
どの選手も目が輝いている。内部の炎の照り返しが目に出ているのだろう。
選手の内部がどうなっているか、余人にうかがい知ることのできない聖域だが、きっと脳からつま先まで集中力の束が走っているに違いない。
スピードスケートの清水宏保選手は最高の状態で滑っているとき、自分の周りが真っ白になり、外の音は何も聞こえてこないそうだ。
視野は30センチほどしかなく、自分が滑るべきラインが光って見える。・・・
とあります。

また、横綱の若乃花(おにいちゃん)でしたか、以前に私が書店で立ち読みした自伝の著書の中に書いてありました。
相撲相手との取り組み中、相手のまわしの一部分に瞬時「光」が見えることがある。
そこを狙うと勝っていた・・・このような事を書いてあったと思います。
このような似たような経験をお持ちの方はたくさん在るかと思います。

「光」。不思議です。
物理的に光源がないところで見えます。
特別に何か、それぞれ意味があるのでしょう。






この記事をリンクする?:


[ 2007/02/17 16:07 ] 瞑 想 | TB(1) | CM(8)
  1. ..
こんばんはー★
(集中力からの引用)ソルトレイクのお話し、とても素敵な文章です。

私のようにボーと生活していると、なかなか集中力を発揮?
してみる機会は少ないのですが・・・笑
例えば仕事でも、集中できているときほど、頭の中に色んな
閃き☆みたいなものが入ってくる気はします。
そしてそんな時、探さねばならない書類が、棚から出したファイルの
開いてすぐ始めのページに偶然見つかったり、業者さんへの
一斉FAXを流す直前、なぜかしらもう一度読み返していると、
打ち間違いに気づいたり。(笑)

>「光」。不思議です。
>物理的に光源がないところで見えます。
私は、ゆきさんのように見えたりしたことはまだありません。
ただ、自分なりに、(上に書いたような)閃きをもらえる時…頭の中にサッと光線が入ってるような
イメージだけはあります。(〃^ー^〃)
[ 2007/02/17 20:06 ] #sC8s1XYA [ 編集 ]
清水選手や若乃花のお話凄いですね

やはり一流と言われる人たちは
何かが違う・・・v-353
[ 2007/02/18 11:46 ] #- [ 編集 ]
>(集中力からの引用)ソルトレイクのお話し、とても素敵な文章です。

ありがとうございます。
最近、引用ばかり書いています。(汗)

>ただ、自分なりに、(上に書いたような)閃きをもらえる時…頭の中にサッと光線が入ってるようなイメージだけはあります

ということは、もうすぐ見えるようになると思いますよ。
私も最初は、イメージで感じることが先行していました。

ぷりんちゃん、いつもコメントありがとう。
[ 2007/02/19 10:37 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
タコたん。
プロは違いますね。
一瞬の勝負にかける集中力。
気が散漫していたら大けがするんでしょうね。
そういう職業の方は、命の危険と交換に
心の内面に常人に計り知れない精神力を極めているようです。
コメントありがとう。
[ 2007/02/19 10:44 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
僕は、人生において節目節目
、大事な決断を迫られた時
直感力を頼りにしてきました・・・
不思議と、良い選択をしてこれてます。
理性や打算を頼りにしていては
けして正しく選べる事など不可能だったと
思っています・・・
一種の閃きです。
一瞬、光るんです、頭の奥で!
直感力は、本来人間、いや生きている
すべての生き物に備わった自然超能力だと
思っています・・・。v-354
[ 2007/02/19 11:12 ] #- [ 編集 ]
直感とかインスピレーションは
「教えていただいている」と素直に思って従えば
良い方向に導いていただけるんですよね。

>直感力は、本来人間、いや生きている すべての生き物に備わった自然超能力だと思っています

なるほど、自然に備わった超能力ですね。
人生の中で迷ったときに、
人間って他の動物に比べ知恵をもっていますから、それにおぼれて「策」ばかりを計り、直感を軽んじると失敗につながる、かもしれませんね。
イマジンさん、コメントありがとうございます。
[ 2007/02/19 13:13 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
光かぁ・・・。
残念ながら、光を見たことはないんだな^^;
ただ、イマジンさんが仰っているような直感。
私もそれは、かなり頼りにしていたかなぁ。
あとは、心が頷く、頷かない。これはかなり
大事な部分ですね。
一番大事にしていると言っても過言ではないです。
[ 2007/02/19 19:18 ] #- [ 編集 ]
>私もそれは、かなり頼りにしていたかなぁ。
>あとは、心が頷く、頷かない。これはかなり
大事な部分ですね。

私の場合、信次先生の著書を真剣に読み出すまでは、
「心が頷く、頷かない・・」ということは
あまり、意識していなかったです。(汗)
見える世界を信じ、心の存在を無視していた部分があったと思います。
あおさんにしても、イマジンさんにしても
元来、心から発するものに忠実なんですね。
素直だったんですね。
私はそんなに、重要視していませんでした。
もう、はずかしいです!!

あおさん、いつもコメント頂きましてありがとう。
[ 2007/02/19 20:23 ] #LvECUUZU [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

送信される前に、入力されたコメントのプレビューが確認できます⇒
この記事のトラックバックURL
http://yukis0000.blog78.fc2.com/tb.php/66-93bd95fc

若乃花若乃花(わかのはな)#若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱。栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。#若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。初代の弟子。#花田勝(若乃花勝) - 第66代横綱。貴ノ花健士の長男。  若乃花 関連いろいろブ
[2007/03/16 08:38] ほのかの部屋
Profile

Author:ゆき

Admin☆彡

Information

ご訪問 ありがとうございますゆきのひとりごとの ゆきです


初めてご訪問くださった方は、
 下欄のカテゴリ・ユーザータグ
 または全記事一覧からどうぞ。



お問い合わせ・様々なご意見は
 お気軽にメールメールフォームを開く を下さい!

 ご連絡をお待ちしております☆



User tag
Search


RSS field

The Link Freely

このブログをお気に入りに追加

Access counter
Online counter


/* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↓ */ ブログパーツ アクセスランキング レンタルCGI /* ページランキングとリンク元ランキング ワードランキング プラグイン↑ */